2019年03月02日 05時00分 公開
特集/連載

脱Officeは可能? 無料版もあるZohoのオフィススイートが機能強化Office 365やGoogle G Suiteからの移行を狙う

Zohoが提供するオフィススイート「Zoho Office Suite」が最新アップデートを実施した。アプリケーション間の連携に重点を置いたという今回のバージョンの新機能を、具体的に説明する。

[Yuuki Nishida,TechTarget]

関連キーワード

Office 365 | オフィススイート | SaaS


photo 「Zoho Writer」で文章の読みやすさと文法上の誤りを確認できる

 Zohoは業務用Webアプリケーション群「Zoho Office Suite」の最新バージョンで、ユーザーのOffice 365やGoogle G Suiteからの移行を狙う。同社は、同バージョンにはAIアシスタントなどの連携機能を搭載し「多様なエンド・トゥ・エンドのビジネスニーズに対応するコラボレーション」機能の提供を目指す。

 「Zoho Office Suiteは、この種の業務用ツールの中では最も他システムと連携しやすい製品として開発した」。同社のチーフエバンジェリスト、ラジュ・ベゲスナ氏はそう語る。Zohoでもさまざまな事業部門間でコミュニケーションを取りやすくするために、Office Suiteをコミュニケーションやコラボレーションツールと連携させている。

「Zoho Notebook」「Zoho Sheet」など各サービスの機能も強化

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。