Microsoft Teamsが社外コラボ機能を拡大し誰でもアクセス可能に、Slackに対抗社外ユーザーとつながるチームチャット

社外とのコラボレーションにもチームチャットを使いたい企業が増えてきた。Microsoftはチームチャットアプリケーション「Microsoft Teams」のゲストアクセス機能を拡大し、「Slack」や「Cisco Spark」に対抗する。

2018年03月16日 05時00分 公開
[Jonathan DameTechTarget]

 先行する「Cisco Spark」や「Slack」に対抗し、「Microsoft Teams」もゲストアクセス機能を拡大した。報道によれば、無償版の提供も計画されているようだ。

 Microsoft Teamsは2017年9月にゲストアクセス機能を追加したが、当初は招待できる相手を「Azure Active Directory」アカウントを持つユーザーに限定していた。今回の変更により、Microsoft Teamsユーザーは誰でも招待できるようになり、インスタントメッセージや会議、ファイル共有に組織外のユーザーも参加できるようになった。

 2017年には大手であるCisco SparkやSlackの他、Symphony Communications Servicesの「Symphony」、Zohoの「Zoho Connect」、Riva FZCの「Flock」なども外部とのコラボレーション機能を導入した。また、ユーザー間の対話も簡単になっている。例えばSlackによると、同社の有料ユーザーの3分の1以上が組織外パートナーとの共有チャンネルを利用しているという。

 調査会社IDCのアナリスト、ウェイン・カーツマン氏は「Microsoftがゲストアクセス機能を追加したのは他社に対抗するためであり、Microsoft Teamsへの注力はさらに一歩前進した」と話す。

ゲストアクセス機能の需要の広がり

 企業は社内の生産性をチームコラボレーションアプリケーションで向上させると、今度は社外パートナーとのコミュニケーションも同じアプリケーションで効率化したくなる、とカーツマン氏は話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...