「Flash」はもう怖くて使えない? 相次ぎ発見される脆弱性で心配の声伊セキュリティ企業からの情報漏えいで発覚

伊Hacking Teamの情報漏えい事件から発覚した「Adobe Flash Player」に関する脆弱性が問題となっている。セキュリティ専門家らは、被害の拡大に警戒を強めている。現在の状況と今後の見通しを整理する。

2015年07月17日 15時00分 公開
[Maxim TamarovTechTarget]
Flash Playerに関するセキュリティ情報《クリックで拡大》

 イタリアのセキュリティ企業であるHacking Teamの情報漏えい事件から、「Adobe Flash Player」に関して2つのゼロデイ脆弱性が発見された。セキュリティ専門家らは悪意ある活動の阻止に奔走する一方で、脆弱性の数はさらに増える恐れがあると警戒する。

 トレンドマイクロのピーター・パイ氏と米FireEyeのデーネシュ・キザキアン氏は、「CVE-2015-5123」と「CVE-2015-5122」の脆弱性について報告した。米Adobe Systemsはセキュリティ情報(APSA15-04)を公開しており、深刻度は4段階基準で最高の“Critical”で、悪用されるとシステムをクラッシュされたり、システムを乗っ取られる恐れがあると警告している。

ITmedia マーケティング新着記事

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...