2015年05月10日 09時00分 公開
特集/連載

「セキュリティ対策に100%の自信」、“ドヤ顔”企業の実態は?課題は山積みだが……

米Fortinetの最新の研究報告から、企業は包括的なセキュリティ手法は欠くものの、セキュリティ対策に対して強い自信を持っていることが分かった。

[Maxim Tamarov,TechTarget]
ガートナー「日本における情報セキュリティのハイプ・サイクル:2014年」(TechTargetジャパン記事「2015年に注目すべきセキュリティ製品は? ガートナーが予測」から)《クリックで拡大》

 米Fortinetの報告書は、セキュリティ担当幹部の過半数がデータ漏えいを防止する自社の能力について、いまだに高い自信を持っていることを明らかにした。だが、その一方で、そうした企業が、高度化しつつある新たな脅威に対して効果的な防衛手段を持たないことも示している。

 Fortinetによると、調査対象企業の66%は、セキュリティ対策に関して「非常に自信がある」(38%)、「100%自信がある」(28%)としている。一方、同じ調査で、セキュリティ担当幹部たちの29%は、2015年の最も重要なセキュリティ課題として、高度な標的型持続攻撃(APT)の防御、検出を挙げている。同様に重要なセキュリティ課題としては、次世代ファイアウォール(NGFW)とモバイルデバイス管理(MDM)の整備も挙げられている(合わせて28%)。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...