2015年02月23日 15時00分 公開
特集/連載

CIOのIT投資、不動のトップを脅かす“喫緊の投資先”無線LAN、セキュリティへの投資額を増大

最高情報責任者(CIO)を対象に実施した調査によって、CIOが無線LAN、セキュリティ、スイッチングへの投資額を増やす用意があることが明らかになった。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

関連キーワード

CIO | 無線LAN


 最近実施した調査によると、2015年、ネットワークへの投資増加を計画しているCIOが多くの関心を寄せるのは、セキュリティ、無線LAN、スイッチング/ルーティングだという。

 米Piper Jaffrayが実施した年次調査によると、CIOの4分の3がセキュリティ全般に対する投資の増額を考えているという。さらに、その約90%がネットワークセキュリティを対象と考え、78%がエンドポイントを対象と考えている。IT関連予算の優先順位では、セキュリティが2年連続でトップとなった。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...