CIOのIT投資、不動のトップを脅かす“喫緊の投資先”無線LAN、セキュリティへの投資額を増大

最高情報責任者(CIO)を対象に実施した調査によって、CIOが無線LAN、セキュリティ、スイッチングへの投資額を増やす用意があることが明らかになった。

2015年02月23日 15時00分 公開
[Antone Gonsalves,TechTarget]

関連キーワード

CIO | 無線LAN


 最近実施した調査によると、2015年、ネットワークへの投資増加を計画しているCIOが多くの関心を寄せるのは、セキュリティ、無線LAN、スイッチング/ルーティングだという。

 米Piper Jaffrayが実施した年次調査によると、CIOの4分の3がセキュリティ全般に対する投資の増額を考えているという。さらに、その約90%がネットワークセキュリティを対象と考え、78%がエンドポイントを対象と考えている。IT関連予算の優先順位では、セキュリティが2年連続でトップとなった。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...