2014年12月25日 12時00分 公開
特集/連載

2014年を象徴する“内部犯行による情報漏えい事件”と、いまだ残る謎どうすれば防げたのか

米国家安全保障局(NSA)の元職員であるエドワード・スノーデン氏の事件が示すように、完全無欠なセキュリティなどというものは存在しない。だが、最善を尽くす必要は依然としてある。

[Craig Mathias,TechTarget]

関連キーワード

NSA(米国家安全保障局) | 暗号化 | VPN


 データやネットワークなどに対する完全無欠なセキュリティというものは存在しない。どの組織でも情報セキュリティは非常に重要だ。だが、ITのバリューチェーンには脆弱性が付き物である。ITバリューチェーンには、設備からネットワーク(WANとLANの両方)やアプリケーションまでが含まれる。IT担当者の使命は、ハードウェア、ソフトウェア、人為的なエラーによって機密情報が危険にさらされないようにすることだ。そのために、メカニズム、ポリシー、手続きを実装して一定レベルの保証を提供している。また、悪意のあるユーザーから機密情報を保護する必要もある。

 セキュリティ要件の必須事項は次の通りだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...