2014年08月08日 16時00分 公開
特集/連載

ベネッセ情報漏えい事件でも焦点 企業が「特権ID管理」に失敗する理由業務委託などで管理が複雑化

管理が不十分な特権アカウントを悪用した情報漏えい事件が相次いでいる。顧客情報の漏えいが起きたベネッセホールディングスをはじめ、企業が特権アカウント、特権IDを適切に扱えない理由は何なのか。

[TechTarget]

 多くの企業は、管理者間で共有することも多い特権アカウントの管理がうまくできていない。最近の調査によれば、米国家安全保障局(NSA)の業務に関わっていたエドワード・スノーデン氏による重要情報流出事件が脚光を浴びたにもかかわらず、そうした状況は変わっていない。高い権限を必要とする業務を従業員に安全に任せるためにはどうすればいいのか。

気付かないうちに“スーパーユーザー”

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

コロナ禍でのEC利用は「安さ」より「注文のしやすさ」重視の傾向――流通経済研究所調べ
全国1万人調査から分かったショッパーのネット利用の変化。

news087.jpg

「Tableau 2021.1」の強化ポイントと新コンセプト「ビジネスサイエンス」について
「拡張アナリティクス」から「ビジネスサイエンス」へ。Tableau Softwareは記者説明会を...

news121.jpg

セールスフォース×Snowflake×Amplitude 日本法人のキーパーソンが「グロースマーケティング」を語る
顧客の行動を理解し、的確な目標・指標を設計して高速に施策を繰り返す「グロースマーケ...