2014年05月12日 12時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ提供で“大炎上” ゾッとする情報漏えいを避けるには?自由入力欄がキケン

サービスの拡大のために多くの企業が開発、提供しているモバイルアプリケーション。しかし、開発を誤ると情報漏えいなどが発生し、ユーザーの間で“大炎上”するリスクがある。この問題を避けるには?

[Evan Schuman,TechTarget]

関連キーワード

Apple | BaaS


 あらゆる規模の企業が、顧客に受け入れられるモバイルアプリを提供する必要性を感じている。しかし、モバイルへ突き進んだ結果として、企業はプライバシー侵害とセキュリティの問題にさらされている。顧客の役に立つために作ったはずのアプリが、顧客の怒りと不安を招いているのだ。小規模企業にとっては、こうしたモバイルアプリのセキュリティ問題の脅威はますます大きくなり、潜在的なダメージもさらに広がる。規模の小さい企業は予算が少なく、IT部門のサポートは、存在したとしても、限られているからだ。

 私のアドバイスはこうだ。自社より規模の大きい同業者が犯したモバイルアプリセキュリティの間違いを研究し、その間違いを繰り返さないようにすること。

自由入力欄や質問はプライバシーの侵害を招く

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...