2014年01月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

企業はデータ/アプリの保護に注力モバイルセキュリティ、Appleが恐れる注目の5社

企業におけるモバイルセキュリティが、単に従業員の私物端末を保護するだけでは済まなくなっている。専門家の予想では2014年、企業は端末の保護からアプリケーションやデータの保護にシフトするという。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 オンラインセキュリティベンダーの米ThreatMetrixの最高テクノロジー責任者、アンドレアス・バウムホーフ氏は、「BYOD(私物端末の業務利用)のために、端末の状態をIT部門がコントロールすることはますます難しくなった。その結果、端末そのものよりもデータの保護が必要とされるようになった」と語る。

 ThreatMetrixでは従業員の端末のロックダウンを試みた結果、このアプローチはうまくいかないことに気付いたという。「ユーザーは私物端末を使いたいと考えている。だが、私物の端末をロックダウンするようユーザーに強制することはできない」とバウムホーフ氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...