2014年01月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

企業はデータ/アプリの保護に注力モバイルセキュリティ、Appleが恐れる注目の5社

企業におけるモバイルセキュリティが、単に従業員の私物端末を保護するだけでは済まなくなっている。専門家の予想では2014年、企業は端末の保護からアプリケーションやデータの保護にシフトするという。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 オンラインセキュリティベンダーの米ThreatMetrixの最高テクノロジー責任者、アンドレアス・バウムホーフ氏は、「BYOD(私物端末の業務利用)のために、端末の状態をIT部門がコントロールすることはますます難しくなった。その結果、端末そのものよりもデータの保護が必要とされるようになった」と語る。

 ThreatMetrixでは従業員の端末のロックダウンを試みた結果、このアプローチはうまくいかないことに気付いたという。「ユーザーは私物端末を使いたいと考えている。だが、私物の端末をロックダウンするようユーザーに強制することはできない」とバウムホーフ氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...