2019年07月08日 05時00分 公開
特集/連載

接続障害のトラブルシューティング「リモートデスクトップがつながらない」を解決する5つの対策

リモートデスクトップ接続ができないときは、ファイアウォール、セキュリティ証明書などに原因がある可能性がある。接続の問題を特定する方法と、簡単にできる解決策について説明する。

[Brien Posey,TechTarget]
photo

 リモートデスクトップ接続は失敗する場合がある。よくある問題は、ネットワーク障害、ファイアウォールの問題、SSL証明書の問題、認証の問題、インフラ能力の制限の5つだ。これらの5つの観点から、リモートデスクトップの接続トラブルの原因と、簡単なトラブルシューティングについて説明する。

1.ネットワーク障害

 有効な通信経路がなくなると、クライアントは当然だがリモートデスクトップ接続ができなくなる。まず原因がネットワークにあるかどうかを判断するとよい。

 原因を特定するために、過去に正常に接続できた他のクライアントからのリモートデスクトップ接続を試してみる。これは問題が個々のクライアントに特有の問題なのか、ネットワークが原因なのかを判断するためだ。

 ネットワークが原因であると考えられる場合は、更に詳しい原因を見つけるために問題が起こっている範囲を絞り込む必要がある。これによって、問題が無線LANと有線LANのどちらでおこっているのか、VPN(Virtual Private Network)のトラフィックや特定のサブネットのどこで起こっているのかが分かる場合もある。

2.ファイアウォールの問題

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している...

news110.jpg

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態――富士通総研調査
大企業においてデジタルマーケティングの成果を出すポイントとは。

news076.jpg

LINE、トークリスト最上部に1日1社限定で表示される動画広告「Talk Head View」を提供
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のトークリスト最上部に動画広告を配信できる...