初心者のためのホームネットワーク15大基礎用語【第4回】
いまさら聞けない「VoIP」「VPN」「Wi-Fi」「WAN」とは?
新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、在宅勤務などのテレワークの実践が広がっている。テレワークを実現する上で重要な役割を果たすのがホームネットワークだ。その理解に役立つ基礎用語を紹介する。(2020/8/9)

Microsoft 365のセキュリティ対策12選【中編】
「Microsoft 365」のパスワード同期に潜む“意外な危険”と対策は?
「Microsoft 365」の導入と運用に伴うセキュリティリスクにどう対処すればよいのか。米国のセキュリティ機関による勧告を基にした対策など、6つの対策を紹介する。(2020/8/4)

ホームネットワークの基礎知識【後編】
在宅勤務を危険・不快にしないためのホームネットワーク「4つの注意点」
在宅勤務などのテレワークを実施する際、ホームネットワークのセキュリティを確保したり、データ伝送を安定化させたりする上で注意すべきこととは何か。主要な4つの注意点を紹介する。(2020/7/31)

Computer Weekly製品ガイド
クラウドネイティブコンピューティングを加速する3つのネットワーク技術
クラウドネイティブコンピューティングによって弾みがついている3つのネットワーク技術を紹介する。(2020/7/30)

「Web会議セキュリティ」の傾向と対策【第3回】
「Web会議」を安心して使うためにやるべきセキュリティ対策とは?
Web会議ツールを安全に使うためには、ベンダー側だけではなくユーザー側も適切なセキュリティ対策を施す必要がある。どのような対策があるのか。(2020/7/30)

Microsoft 365のセキュリティ対策12選【前編】
「Microsoft 365」の“セキュリティ専任チーム”が担うべき役割とは?
「Microsoft 365」のセキュリティを強化するために、何をすべきだろうか。組織、情報収集、認証の観点から、重要なセキュリティ対策を紹介する。(2020/7/28)

「VPN」の誤解と現実【後編】
「無料VPN」はなぜ危険なのか? 後継技術「SDP」とは?
「VPN」は時代遅れだと主張する声もあるが、当面はVPNが広く利用され続ける見通しだ。ただし拙速なVPNの利用には注意が必要な場合もある。それは何だろうか。VPNの後継と目される技術と合わせて解説する。(2020/7/28)

到来する働き方の大転換期に備えて
ウィズコロナ時代に「Device as a Service」が求められるそのわけとは
COVID-19の流行がそうであるように、今後どういう環境変化が訪れるか分からない。従業員がいつでもどこでもビジネスを継続できる業務基盤が必要だ。それを支えるものとしてDevice as a Serviceがある。(2020/7/16)

CISAが報告書で指摘
「Microsoft 365」を脆弱にする“不適切なセキュリティ設定”とは?
「Microsoft 365」(旧「Office 365」)の不適切な設定が、脆弱性につながる可能性がある。どのような設定が不適切なのか。(2020/7/13)

Computer Weekly製品ガイド
Microsoft、Googleのゼロトラスト対応
ゼロトラストに向けて世界が動き始めている。ゼロトラスト導入の課題は何か。MicrosoftとGoogleの取り組みを交えて紹介する。(2020/6/29)

Computer Weekly製品ガイド
懐疑論者にゼロトラストの意義を納得させる方法
信用はセキュリティリスクの重要な要素であり、ゼロトラストでは「信用しながら検証する」としてきた従来のモデルが変化する。セキュリティ担当者は懐疑的な上層部を納得させなければならない。(2020/6/25)

医療ITとベンダー特権アクセス管理【後編】
医療機関向け「ベンダー特権アクセス管理」とは? 「SecureLink」に学ぶ
医療機関のシステム保守のためにリモートアクセスするベンダーのアクティビティを可視化すれば、不測の事態が生じても追跡が可能になる。それを可能にする「ベンダー特権アクセス管理」ツールの中身とは。(2020/6/23)

業務システムのクラウド化も比較軸
いまさら聞けない「VPN」と「VDI」の違い 在宅勤務に適するのは?
「VPN」と「VDI」はいずれも在宅勤務などのテレワークで広く利用される技術だ。テレワークのセキュリティ確保に役立つ点は共通しているが、明確な違いがある。コスト、用途、パフォーマンスなどの観点で比較する。(2020/6/18)

破られた二要素認証【後編】
生体認証の本質的な欠点と解決策
2FAや生体認証はパスワード認証よりも堅牢だが、実は多くの場合「本人認証ではない」という欠点を抱えている。これを解決して真に安全な認証を行う方法を紹介する。(2020/6/18)

新型コロナが変える企業資産保護【前編】
在宅勤務中の社員に呼び掛けたいセキュリティ対策3つのポイント
企業ITの保護は、新型コロナウイルス感染症の対策としてテレワークが広まる中でますます重要になっている。セキュリティ対策を見直し、ERP(企業資産管理)をこの変化に順応させるためのポイントを紹介しよう。(2020/6/18)

医療機関クラウド移行のメリットとデメリット【前編】
いまさら聞けない、医療機関が「クラウドサービス」に移行する4つのメリット
医療機関がクラウドサービスにシステムを移行させるメリットには、どのようなものがあるのか。主要な4つのメリットを紹介する。(2020/6/17)

失敗しないための注意点は?
マルチクラウドストレージがとてもオススメな理由
複数のクラウドサービスを組み合わせた「マルチクラウドストレージ」には多くのメリットがある。そのユースケースと失敗しないための注意点を解説する。(2020/6/17)

中堅・中小企業の担当者に贈る
テレワークをゼロから始めて定着させるまでの「3つの要点」
コロナ禍に直面して、テレワークに取り組み新たな働き方が定着した企業としなかった企業にはどんな違いがあるのだろうか。人員や予算の少ない中堅・中小企業でもテレワークを定着させる方法を紹介する。(2020/6/12)

破られた二要素認証【前編】
もはや安全ではない二要素認証(2FA)と生体認証
パスワード認証を補完、強化、代替するものとして広まった二要素認証と生体認証。だが、今やそうした認証の回避策も現れ安全とは言えなくなった。(2020/6/15)

コロナ禍の「ランサムウェア」対策【後編】
新型コロナ便乗の「ランサムウェア」攻撃は病院にとって脅威となるのか
新型コロナウイルス感染症に乗じるランサムウェア攻撃が増加し、医療機関や地方自治体の活動を妨げることを専門家は懸念する。その背景や想定される被害はどのようなものか。(2020/6/12)

新型コロナが変える企業資産保護【前編】
新型コロナ対策の在宅勤務で企業資産保護はどう変わるのか?
新型コロナウイルス感染症の影響で在宅勤務などのテレワークが広がる中、企業資産保護の重要性はかつてないほど高まっている。それはなぜなのか。(2020/6/11)

テレワークをするなら押さえておきたい基礎知識
いまさら聞けない「VPN」の必修12用語 あなたは幾つ知っている?
「VPN」は安全なテレワークを実現するための重要な技術だ。暗号化の方法からVPNサービスの種類まで、VPNに関連する主要な用語を理解しよう。(2020/6/10)

新型コロナ対策による急速な浸透で重要に
バーチャル背景だけじゃない Web会議のプライバシーとセキュリティ8大保護策
在宅勤務に不可欠な手段になりつつあるWeb会議ツールは、セキュリティの確保が非常に重要だ。Web会議ツールのプライバシーとセキュリティを保護するための8つの対策を紹介する。(2020/6/8)

AIとRPAの今後【後編】
コロナ禍で「AI」「RPA」による自動化は何を実現するのか
新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)の拡大で経済活動が制限される一方で負荷の増大を余儀なくされている業務もある。課題解決の切り札として期待されるのが「AI」と「RPA」だ。(2020/6/4)

Computer Weekly日本語版
二要素認証(2FA)も生体認証も安全ではない
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/6/3)

悪名高いマルウェアも存在
在宅勤務用ネットワークの45%にマルウェア発見 テレワークはなぜ危険か
新型コロナウイルスの感染対策として在宅勤務が広がる中、在宅勤務用のネットワークをいかに安全にするかが重要になっている。だが現状はセキュリティが十分に確保されているとはいえないようだ。(2020/5/30)

「5G」「Wi-Fi 6」の違いを徹底比較【後編】
「5G」と「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)を比較 4つの“根本的”な違いとは?
「5G」と「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)には共通した特徴がある一方で、異なる点も少なくない。具体的に何が違うのか比較してみよう。(2020/5/28)

IT部門の新型コロナウイルス対策
「社員宅の携帯電話の電波」も鍵 テレワークを素早く始める5つの戦略
トラブルを防ぎながら、全社的なテレワークにできる限り迅速に移行するにはどうすればいいのか。実行すべき5つの戦略を説明する。(2020/5/25)

「IEEE 802.11ax」に新たな展開
「Wi-Fi 6E」とは? 全ての無線LANを過去にする衝撃
FCCが無線LANの6GHz帯使用を承認し、無線LANのデータ伝送速度を飛躍的に向上させることが可能になった。その可能性と課題とは。(2020/5/24)

セキュリティ研究機関が実証
3Dプリンタで作る“偽の指紋”が認証を突破 指紋認証は本当に安全か
セキュリティ研究機関が、データを基に3Dプリンタで再現した指紋によって、指紋認証を突破できる可能性を示した。この事実が意味することとは。(2020/5/23)

「LPWA」の主要キーワード
いまさら聞けない「LoRa」と「LoRaWAN」の違いは? IoTの要素技術
センサーなどのIoTデバイスを接続する無線通信に使われる技術や規格として「LoRa」や「LoRaWAN」がある。両者はどう異なり、どのように使われているのだろうか。(2020/5/22)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
モバイル活用の理想と現実、セキュアに利用するにはどんな管理体制が必要?
テレワークや在宅ワークを支えるモバイルデバイスの活用に当たっては、自社のセキュリティポリシーに準拠した利用とするためのモバイルデバイス管理(MDM)が欠かせない。幾つかの活用事例から、MDM導入のポイントを明らかにする。(2020/5/21)

ネットワークにつながる医療機器は多様化
セキュリティ投資を病院の経営陣に納得させる“無視してはいけない3要素”
医療機関の情報セキュリティインシデントは、患者の生死に直結する問題だ。米国の医療機関CIOは、経営陣と情報セキュリティ予算の交渉をするには3つの要素が不可欠だと強調する。それは何なのか。(2020/5/19)

仕組みの違いから考える
いまさら聞けない「LAN」「WAN」のセキュリティ対策の違いとは?
「LAN」と「WAN」を安全に利用するためのセキュリティ対策は何が違うのか。それぞれの主要なセキュリティ対策を説明する。(2020/5/18)

「COVID-19」で変わるエンドポイント管理【後編】
新型コロナで広がる“私物端末で在宅勤務”に「ゼロトラスト」が必要な理由
テレワークを迅速に導入するには従業員の私物デバイスの利用を認めることが選択肢の一つになる。ただしその際は十分なセキュリティ対策が必要だ。どのような点に注意すればよいのだろうか。(2020/5/12)

クラウドが浮き彫りにするリスク【後編】
クラウドユーザーのための“クラウド専用”のセキュリティ対策とは?
クラウドサービスのセキュリティ対策には、オンプレミスのシステムと共通しているものもあれば、クラウドサービスの利用を前提として生まれたものもある。それぞれどのような対策があるのか。専門家に聞いた。(2020/6/12)

複数の専門家による意見
新型コロナ便乗のフィッシングにだまされる訳 “政府への不信感”原因説も
新型コロナウイルス感染症の世界的流行に便乗したメールによるフィッシング攻撃は、通常の攻撃よりも成功しやすいと専門家は指摘する。それはなぜなのか。(2020/5/8)

「5G」のタイプと注目機能【後編】
「5G」を生かし切る「ダイナミックシェアリング」「URLLC」「eMBB」とは?
「5G」には特有の機能がある。高速通信やIoT向けの用途を補強するためのこれらの機能は、5Gを企業の標準的な通信手段として活用できる可能性を高める。どのような機能なのか。(2020/5/8)

緊急事態のテレワーク基礎ガイド【中編】
新型コロナウイルス感染対策の在宅勤務で「UEM」「EMM」の重要性が高まる理由
在宅勤務を始める従業員が増えると、「UEM」や「EMM」といったモバイルデバイスを管理するツールの重要性が高まるという見方がある。それはなぜなのか。(2020/5/7)

IT担当者が知っておくべき情報を紹介
「Android」を“危険なOS”にする主な脅威とセキュリティ対策の情報源まとめ
さまざまな脅威が見つかっている「Android」。IT管理者はこうした脅威に対処するために、最新のセキュリティ情報を把握する必要がある。これまでに見つかった主要な脅威と、最新情報の参照方法を紹介する。(2020/5/5)

規制緩和でリスクが増大
新型コロナ禍で医療従事者の自宅PCがサイバー攻撃の標的に 対策は?
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国の医療機関は医療従事者の在宅勤務体制を整えつつある。一方で医療従事者の自宅用PCが攻撃された場合、医療システムへの侵入口となる恐れがある。どう対処すべきか。(2020/5/4)

Webアプリケーションを脅かす5つの脆弱性【後編】
バッファオーバーフロー、CSRF、アクセス権限の不備とは? 危険なWeb脆弱性
主なWebアプリケーションの脆弱性を理解することは、セキュリティ対策に役立つ。「バッファオーバーフロー」「CSRF」「アクセス制御の不備」の3つの脆弱性を紹介する。(2020/5/1)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年度)
Windows 10を危ないOSにしない方法から盗聴まで 新規会員が気になった話題は
「セキュリティ」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年度にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/4/28)

マルチクラウド管理ツールの選び方【後編】
マルチクラウド管理に役立つ「IaC」「Kubernetes管理」「CASB」とは?
マルチクラウドの運用管理に役立つ「マルチクラウド管理ツール」。コンテナを運用する場合、セキュリティを強化したい場合に向けてどのようなツールがあるかを見てみよう。(2020/4/28)

新たな技術と新たな脅威【前編】
“何でもかんでも「IoT」化”が危険なこれだけの根拠
さまざまなデバイスをインターネットに接続して活用の幅を広げる「IoT」は、利便性の向上だけでなくセキュリティリスクの増加も招く恐れがある。どのような点に注意し、どう対処すべきか。(2020/4/27)

「IEEE」から「Wi-Fi 6」まで
いまさら聞けない「IEEE 802.11ax」の必修12用語 あなたは幾つ知っている?
最新世代の無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)は多様な要素技術で構成され、さまざまな組織が関わっている。IEEE 802.11axの理解を助ける、主要な関連用語を紹介しよう。(2020/4/26)

実は困難なゼロトラスト
失敗しない「ゼロトラスト」導入法
今、セキュリティかいわいでは「ゼロトラスト」がもてはやされている。だが導入・実践は困難でコストもかかる。ゼロトラストの効果を早期に得ることができる導入方法を紹介する。(2020/4/21)

自宅LANのセキュリティを確保する6大対策【後編】
在宅勤務を危険にする「知識不足」「モバイル」「不審ソフト」への対処法は?
インターネットに家庭内LANを介して接続する際、何に注意を払うべきだろうか。データプライバシーを保護するための対策を3つの観点に基づいて解説する。(2020/4/18)

「文脈ターゲティング広告」を実現するGumGumの舞台裏
広告企業が「クラウドソーシング」で機械学習の教師データを整備 利点と課題は
独自の画像認識テクノロジーを持つ広告関連企業のGumGumは、クラウドソーシングでデータにタグ付け(アノテーション)をするFigure Eightのサービスを利用して、教師データを整備している。そのメリットと課題とは。(2020/4/16)

どのようなメリットがあるのか
5Gのセキュリティを強化する「ネットワークスライシング」とは何か?
5Gでは「ネットワークスライシング」という仕組みを活用できるようになる。これはどのような技術で、セキュリティにどのようなメリットをもたらすのか。(2020/4/14)