2014年01月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

社内システムでのSSOも実現iPhone/iPadを“仕事モード”に変える「iOS 7」の新機能とは

BYOD(私物端末の業務利用)の普及で「iPhone」「iPad」を中心にモバイル端末を気軽に使うユーザーが増えている。「iOS 7」には口うるさい管理者も納得する管理機能が数多く搭載されている。

[Matt Kosht,TechTarget]

 米Appleの「iOS 7」は、「Per app VPN」や「iCloudキーチェーン」などのモバイルアプリケーション管理(MAM)機能を備えている。これらの機能は「iPhone」や「iPad」のセキュリティを強化し、これらのデバイスの企業にとっての魅力を高めることを目的としている。

 MAMでは、よりきめ細かなデバイス管理アプローチが取られ、特定のアプリケーションとそのデータに加え、アプリケーションがどのようにネットワークにアクセスするかに焦点が当てられている。MAMはモバイルデバイス管理(MDM)と比べて、締め付けが厳しくない企業データ管理アプローチであるため、企業とユーザーの両方にとって有益なツールだ。またMAMは、アプリケーションレベルのポリシーの実装における複雑さを軽減する。以下では、iOS 7のMAM機能の概要をチェックしてみよう。

iOS 7のアプリケーションデータ保護

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組...

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...