2014年01月14日 08時00分 公開
特集/連載

iPhone/iPadを“仕事モード”に変える「iOS 7」の新機能とは社内システムでのSSOも実現

BYOD(私物端末の業務利用)の普及で「iPhone」「iPad」を中心にモバイル端末を気軽に使うユーザーが増えている。「iOS 7」には口うるさい管理者も納得する管理機能が数多く搭載されている。

[Matt Kosht,TechTarget]

 米Appleの「iOS 7」は、「Per app VPN」や「iCloudキーチェーン」などのモバイルアプリケーション管理(MAM)機能を備えている。これらの機能は「iPhone」や「iPad」のセキュリティを強化し、これらのデバイスの企業にとっての魅力を高めることを目的としている。

 MAMでは、よりきめ細かなデバイス管理アプローチが取られ、特定のアプリケーションとそのデータに加え、アプリケーションがどのようにネットワークにアクセスするかに焦点が当てられている。MAMはモバイルデバイス管理(MDM)と比べて、締め付けが厳しくない企業データ管理アプローチであるため、企業とユーザーの両方にとって有益なツールだ。またMAMは、アプリケーションレベルのポリシーの実装における複雑さを軽減する。以下では、iOS 7のMAM機能の概要をチェックしてみよう。

iOS 7のアプリケーションデータ保護

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...