2013年11月29日 08時00分 公開
特集/連載

AirDrop禁止だけではない 意外に奥深いiPhone、iPad管理の世界iOS 7が提供する新管理機能とは

iPhone、iPadを持ち込んで仕事に使う場合、何らかの管理が必要だ。iOS 7にはデバイスとアプリケーションをきめ細かく管理できる機能が備わっている。

[Margaret Jones,TechTarget]

 現在市場に出回っている多数の「iPad」と「iPhone」では米Appleの「iOS 7」が搭載されている。この新しいバージョンのOSには、IT管理者の負担を軽減する複数のツールが同梱されている。

 高度なMDM(モバイルデバイス管理)ツールやモバイルアプリケーションマネジメント(MAM)ツールなどのiOS 7の機能を使用すると、IT部門では、iOSデバイスやアプリケーションのさまざまな機能を細かく制御できる。

 管理ツールには、IT部門にとって使いやすいものとそうでないものがある。ユーザーが個人所有のデバイスでも生産性を維持できるように、「AirDrop」などのサービスを制御することを断念せざるを得ない場合もあるだろう。この記事では、お勧めの新機能を紹介し、IT部門向けがiOS 7の機能を使用する方法を説明する。

iOS 7で利用できるMAMツール

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...