「iOS 7」登場で泣く人、笑う人 それぞれの事情ツールベンダーに影響あり

高度なモバイル管理機能が組み込まれる予定の「iOS 7」の登場で、これまでiOSデバイス向けのツールを提供してきたベンダーは戦略の変更を迫られる可能性がある。

2013年08月30日 08時00分 公開
[James Furbush,TechTarget]

 米Appleは企業の要望に応え、「iOS 7」搭載端末をセキュアに管理するためのAPIを提供する。これによってユーザーエクスペリエンスが犠牲になることはないという。

 モバイル管理機能がiOS 7に組み込まれるということは、その機能を提供する製品を開発してきたエンタープライズモバイル管理(EMM)ベンダー各社にとっては、従来の戦略を転換するか、iOS 7の機能を利用する必要があることを意味する。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...