2013年12月26日 08時00分 公開
特集/連載

「MacBookがオフィスを席巻する日」に備えて今からできることVDI不要のBYODの世界がもうすぐ実現

企業向けデスクトップ市場ではWindows端末が圧倒的なシェアを誇るが、BYOD(私物端末の業務利用)のおかげで、MacBookやモバイル端末を気軽に使うユーザーが増えている。

[Alyssa Wood,TechTarget]

 BYOD(私物端末の業務利用)が進んだことで、Windows端末以外を使うユーザーが増えている。中でもApple製品は、コンシューマーにとって親しみやすいイメージがあり優勢だ。つまり、IT担当者は、社内であれモバイル環境であれ、Apple端末をサポートする準備を整える必要がある。そう語るのは、クラウドホスティングやデスクトップ管理製品を提供する米Parallelsの最高情報責任者、アレックス・スケニック氏だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。