IT部門の働き方改革
IT部門が週4日(週休3日)制労働を手に入れる方法
サイバー攻撃に休みはない。むしろ休日が狙われることもある。だが燃え尽き症候群を防ぐには、IT部門にも休日が必要だ。IT部門が安心して休めるようにするにはどうすればいいのか。(2022/5/17)

兼任者や離職者も問題に
「ゼロ情シス」が2割弱、頼みの綱はシャドーIT――中堅企業のIT実態
2018年の中堅企業のIT活用状況についてデルが実施した調査によると、情報システム部門担当者が1人以下である「ひとり情シス」「ゼロ情シス」はいずれも増加。他部門との兼任や人員の離職も課題だ。(2019/3/12)

「重大なバグ」への対処法【第1回】
重大なバグの発生時、IT部門が腕前を発揮するためのノウハウとは?
ソフトウェアのバグ発生は避けられないが、IT部門の対処によってダメージを最小限に抑えられる。いざというときに備え、IT部門の手引きになるバグ対処のチップスを集めた。(2022/4/22)

NEWS
「ひとり情シス」「ゼロ情シス」が約6割 中堅・中小企業が抱えるDXの課題とは
デル・テクノロジーズは、中堅・中小企業を対象にしたIT投資動向調査の結果を発表した。中堅・中小企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める際の大きな課題とは。(2022/4/22)

「どこからでもサービス提供」の視点【前編】
独自ルールにこだわるIT部門に足りない「発想の転換」 Gartnerが指摘
働き方が変わることと同時にビジネスニーズも変化している。IT部門はこの変化に対処するためにどうすればいいのか。そのためには従来の考え方を捨てて、新しい戦略を取り入れることが求められる。(2022/4/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
2020年9月調査で分かった情シスの現状、約8割が「多忙」で泊まり込みの発生も
多くの企業がニューノーマルへの対応を求められる中、情報システム部門への負荷が集中。78.3%が多忙な状況にあり、そのうち約2割は激務に追われているという。2020年9月に実施した「情シス意識調査」の結果から、今日の実態に迫る。(2020/10/23)

部門の壁を越えて伴走するために
デジタルマーケティングの社内推進 IT部門にできることはまだあるか
ITを活用して顧客中心のマーケティングを実現するために社内連携は欠かせない。とりわけIT部門とマーケティング部門の相互理解は重要だ。デジタルマーケティング推進に向けてIT部門がすべきことをエキスパートが語った。(2019/10/18)

必ずしも「テレワーク=最先端」ではない
新時代の働き方「ハイブリッドワーク」へ移行するために、情シスができること
コロナ禍が続く昨今、テレワークと出社を組み合わせた働き方「ハイブリッドワーク」に注目が集まっている。テレワークのみの働き方との違いは何か。また、ハイブリッドワークへ移行するために情報システム部門ができることとは何か。(2022/3/23)

中小企業のシステムをクラウドサーバに移行するのは誰か
「いきなりAWSやAzureはハードルが……」ひとり情シスのクラウド移行術
ITベンダーやSIerに相談しにくい中小規模のシステムの面倒を見る「ひとり情シス」「ゼロ情シス」を運用の苦労から解放するのは誰か。いきなりのAWSやAzureへの移行にハードルを感じる企業のためのクラウド移行策を取材した。(2020/3/19)

1人で24時間365日の保守は限界
「ワンオペ情シス」の中堅・中小企業が知っておくべきクラウド移行と保守運用
中堅・中小企業にありがちな「ワンオペ情シス」体制。夜間、休日もオンプレミスの基幹システムの安定稼働を維持しなければならなかった通信販売事業者の社内SEが、クラウドに移行してサーバ保守で手いっぱいの状況を脱した事例を紹介する。(2022/2/14)

限られた人的リソースと予算で運用を効率化
クラウド標準監視ツールでは負荷が増える? IT部門を本当に楽にする方法は
DXの中核を担うIT部門にとって、クラウド移行はシステム運用負荷を軽減する手段の一つだが、クラウド事業者が提供する運用監視ツールでは、逆に負荷が増えることもある。複雑なマルチ/ハイブリッド環境で、真の効率化を実現する方法とは?(2021/9/13)

「情シス本来の作業に専念できる」
運用の簡素化で一人情シスも本業に専念、いまHCI選定で重視すべきポイントとは
DXや働き方改革など、新たな課題に日々追われる情報システム部門。特に一人情シスとも呼ばれる少人数体制の企業では、既存システムの運用で手いっぱいのことも多い。HCIがその解決策となり得るのか、選定のポイントとともに解説する。(2019/11/18)

コストも運用負荷も下げるIT資産管理を
情シスだって働き方を選べる クラウドからVPNまで安全かつ確実に管理する方法
場所や時間を選ばない柔軟な働き方に不可欠なのが、いつでもリソースにアクセスできる利便性と確実な安全性を備えたIT環境だ。情シスを含めて誰もが働き方を選べる安全な環境を、効率よく実践するには。(2021/11/2)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
データセンターを収入源に変革、IT部門のアイデア活用を促進する次世代インフラ
アプリケーションの機能や管理次第で組織の利益が左右される今、IT部門にはビジネスのコア部分をサポートし、アイデアを利益にするという役割が求められている。そうした中で必要になる考え方と、それを実現するためのインフラ技術とは?(2021/8/2)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
ひとり情シスなのに従業員数は増加中、インフラ管理はどう効率化すればいい?
中堅企業の約30%が「ひとり情シス」「ゼロ情シス」体制といわれる現在。セキュリティの強化やビジネス変化への対応にコストとリソースを集中させるには、情報システム部門をIT運用管理から開放することが急務だ。(2018/2/26)

真の効率化とコスト最適化をかなえるには:
テレワークはSaaSだけでは実現できない? 従業員と情シスが直面する落とし穴
クラウド型メールや経費申請アプリのようなSaaSはテレワークを助ける便利なツールだが、利用に際しては結局従業員が出社しなければならなかったり、情報システム部門の手間がかかったりするケースもある。その落とし穴と回避策を解説する。(2021/9/27)

企業ITの伝統的手法から脱却せよ
情シスの在り方を変える「モダンIT」化のメリットとは?
リモートワークが普及する中、従業員一人一人に最適な働き方を実現することは、企業や組織にとってますます重要な課題となっている。一変したビジネスの現場で、情シスに求められる役割とは何か。エキスパートが解説する。(2022/3/24)

“攻め”と“守り”
IT部門主導のデジタルトランスフォーメーションが少ないのは、なぜか
デジタルトランスフォーメーションにはITが不可欠であるにもかかわらず、IT部門が主導している企業は多くない。それはなぜなのか。既存システムを維持しながら新たな取り組みを進めるために、IT部門に必要な変革とは何だろうか。(2019/8/7)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第3回】
“脱サードパーティーcookie”に向けてIT部門が準備すべき2つのこと
サードパーティーcookieの廃止をスムーズに進めるために、IT部門はどのような準備をすればよいのか。主要な2点を説明する。(2021/6/24)

Sansanは人事とIT戦略をどうつないだか
IT部門が積極的に関わるべき「人事システムの大問題」と解決法
勤怠や給与、評価、採用など人事業務ごとに個別システムを使うことで貴重な人材情報が分散し、人材やビジネスの成長に活用できていない企業は多い。Sansanの人事システム改善事例から解決法やIT部門と人事部門の望ましい協調体制を考える。(2021/3/18)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
働き方改革の成否を分ける「3つの難問」 いまIT部門が解決すべき課題とは?
近年、働き方改革が大きな進展を見せる一方で、多くのIT部門が新たな働き方がもたらす、IT運用負荷の高さやセキュリティの難しさを実感している。従業員の不満を解消しつつ、大小さまざまな課題を一挙に解決するIT環境の在り方とは?(2021/3/1)

IT部門の負荷削減で「変革」の実現を
少人数でもニーズに迅速対応、事例に学ぶニューノーマル時代のIT部門の理想像
ビジネスのデジタル化やコロナ禍への対応によりIT部門の負荷が高まる中、人手中心の対応に限界を感じている企業は多い。そんな中、少人数でもビジネスニーズに柔軟かつ迅速に対応できる「仕組み」を整えた企業があるという。(2020/12/17)

5年後も現状維持はありえない
戦略家になりたいIT部門が迫られる、マルチクラウド時代の選択肢
クラウド戦略の策定からシステム運用の効率化、データ活用、セキュリティ確保、BCP対策まで、企業のIT部門が担う役割は増す一方だ。しかし人のリソースは限られている。IT部門に残された選択肢とは。(2019/2/14)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ニューノーマルに向き合う情報システム部門に意識調査、進むITスキルの取捨選択
「2025年の崖」問題でも指摘されるIT人材不足に悩んできた国内の情報システム部門は、追い打ちを掛けるような新型コロナウイルスの流行への対応に追われている。意識調査から、ニューノーマル時代に入った国内企業の現状を明らかにする。(2020/10/21)

良薬は口に苦し
何かと現状維持を選ぶIT部門に考えて欲しい「勇気ある前進」
IT部門は物事のやり方を変えて、変化に伴う混乱を受け入れる必要がある。しかも早急に。さもないと、IT部門の保守的な体質が停滞を招き、データセンターやIT部門自体、そして企業を苦境に追い込む恐れがある。(2016/5/12)

社内外の脅威から従業員端末を保護
テレワークが始まってもIT部門だけ出社しなければならない理由と、その解決策
企業で全社的なテレワークを実施すると、従業員端末の管理や調達、業務アプリケーションのセキュリティ対策に関するIT部門の負荷が増大することがある。テレワーク中の従業員の端末やIDを容易かつセキュアに管理できるようにする方法とは。(2020/11/11)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
IT部門の運用管理工数を20分の1に削減、ベルーナに学ぶ仮想化基盤刷新の秘訣
3Tier構成の仮想化環境を構築していたベルーナは、インフラの複雑化による保守更新の負荷増大、VDIの性能劣化などに悩まされていた。この問題を解消し、IT部門の日常的な運用管理工数を20分の1に削減した同社の取り組みを紹介する。(2021/8/2)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
「情シス意識調査2020」で判明、ニューノーマル時代の働き方やキャリアの考え方
ニューノーマル時代の到来によって働き方に対する意識が大きく変わる中、DXの推進役となる情シス部門の担当者は、どのような意識を持って日々の業務に当たっているのだろうか。356社を対象に実施した調査の結果と考察を紹介する。(2020/10/30)

急場しのぎのテレワークからの脱却
恒久的にテレワークを続けるために、IT部門は何をすればよいのか
全社的なテレワークを実施する企業では、IT部門への問い合わせの増加や従業員間のコミュニケーションの困難さが問題になることがある。これらの問題を解決し、長期的にテレワークを続けるには、どのようにITインフラを見直せばよいのか。(2020/9/30)

一人情シスでもここまでできる
PC運用にアカウント管理、「一人情シスではもう限界」のIT管理からの脱却法
ある企業では、PC運用やセキュリティ設定などの多くが従業員任せで、業務で利用するクラウドサービスのアカウントも個々で管理しているものもあった。組織統一の管理の仕組みが求められるも、一人情シスではとても手に負えない状況だった。(2020/9/8)

情シス担当者向け:テレワークの課題に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2022/5/12)

自己流のサポートに限界を感じた情シスに向けて
DXにサポート業務……疲弊するIT部門にこそ必要なITSMツールとは
DXやデジタル化戦略ばかりに目を向けて、それを裏で支えるITサービス管理がおざなりになってはいないだろうか。いくら業務のデジタル化が進んでもITシステムをうまく運用できていなければ意味がない。(2022/5/9)

特選プレミアムコンテンツガイド
「サーバが落ちました」をいら立たせずに伝える方法
システム障害を解決するスピードよりも、IT部門がそれをどう説明するかの方が、ユーザーにとって大きな意味を持つことがある。IT部門のヘルプデスクはユーザーの苦情をどう受け止め、どのように対処すればよいのか。(2021/5/27)

安全かつ安定したテレワーク環境を実現するには
社員の8割がテレワークへ、アイティメディア情シスが懸念するVPN逼迫の回避策
アイティメディアは2020年4月7日に発令された緊急事態宣言を契機に勤務制度を見直し、出社する従業員は2割になった。テレワーク中心の業務に切り替わった現在、情報システム部門のアサヒナはVPNの逼迫を恐れていた。(2020/9/18)

「Citrix Workspace」への移行にはためらいも
IT部門“増員ゼロ”の銀行がVMwareではなくCitrixのVDI製品を使う理由
金融機関のRenasant Bankは買収によって事業拡大を続ける一方、IT部門のスタッフは増員していない。その理由は、Citrix Systemsの仮想化製品の活用にあるという。どう活用しているのか。(2020/5/1)

Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第4回】
Web会議の「音声、映像、通信」を改善するためにIT部門は何ができる?
Web会議の音声や映像の乱れは、参加者のストレスの元だ。テレワークおよびWeb会議の効率を高めるために企業が従業員に提供すると望ましいものについて解説する。(2022/4/5)

業務が属人化し過ぎで誰も分からない……
情シスのリモートワークお困り事 「運用管理あるある」をなくすIT基盤とは?
情シスの業務は本来リモートワークに適した業務だ。しかし、コロナ禍における完全リモートワーク環境に対応できているだろうか。課題の一つは業務の属人化だ。誰もが使いこなすことができるIT基盤を見てみよう。(2020/8/25)

2つの対策でシャドーITを減らす
テレワークで再び持ち上がった「シャドーIT」の問題にIT部門はどう対処する?
多くの従業員が自宅で業務をするようになり、企業のIT部門は思わぬ問題に対処しなければならなくなった。それが、かねて指摘されてきた「シャドーIT」だ。どのような対策が有効なのか。(2020/5/8)

情シス担当者向け:テレワークの課題に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2022/3/9)

「ゼロトラスト」で効率化するセキュリティ運用【後編】
「ゼロトラストセキュリティ」が“感謝されるIT部門”を生む理由と、その作り方
アクセス管理の複雑化に頭を抱える企業は、「ゼロトラストセキュリティ」に目を向け始めています。ゼロトラストセキュリティの実装には具体的にどのような機能や製品が必要なのでしょうか。(2021/12/23)

大学のIT導入を成功させる5つの方法【前編】
大学のIT部門が「学生や学部からの反感」を買わないIT調達のこつとは?
さまざまな立場の人が関わる大学で、エンドユーザー全員のニーズを過不足なく満たすIT戦略を策定することは困難だ。ニーズに折り合いを付け、IT製品の導入を成功させるために必要なこととは。(2021/4/12)

テレワークがIT部門に与えた影響【後編】
IT部門こそ新型コロナウイルスの感染拡大を「IT」で乗り切るべし
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、IT部門が処理しなければならない問題は増加傾向にある。これらの問題を効率的に処理するには、どのようにすればいいのか。事例を基に説明する。(2020/5/26)

ある設計会社の取り組み
デジタルリーダーを育てるためにIT部門は何をすればいいのか
Arcadisは建設業界の顧客にとってのデジタルリーダーを目指している。そのためには、IT部門とビジネス部門にはどのような連携が必要だろうか。その点について、同社のCIOジャスティン・ライト氏に話を聞いた。(2018/12/7)

「重大なバグ」への対処法【第4回】
「修正ができないバグ」に直面したときの“切り札”とは?
どれほど優秀なIT部門でも、さまざまな要素によってバグ修正が“お手上げ”になるケースがある。それでもシステムを守る方法はある。どのようなものなのか。(2022/5/13)

HCISとHCIは何が違うのか【第2回】
HCISとHCIを「システムの種類」と「情シスの気質」で比較する
HCIとHCISはどのように使い分ければいいのか。「システムの種類」と「情シスの気質」に注目し、企業の課題に沿った製品選定例を紹介する。(2019/3/12)

日立システムズとサイボウズが対談
情シス進化論:今求められる、情シス部門のワークスタイル変革とは
多くの企業でワークスタイル変革が進む中、今後は情報システム部門の変革が求められる。システム開発・運用担当から各部門の業務を共に創造する存在へ――“情シス部門のワークスタイル変革”で企業が変わる。(2015/10/14)

「どこからでもサービス提供」の視点【後編】
先が見えないからこそ考えるべき「インフラの条件」とは?
オンプレミスとクラウドサービスを含め、企業が利用可能なインフラは多岐にわたる。働き方が変わる中でも継続してサービス提供するために、IT部門はインフラにどのような要素を取り入れればよいのか。(2022/4/27)

“異色”を生かした女性ITディレクター【後編】
“男社会”IT部門のトップになった女性は、男女平等の現状をどう捉えているか?
英国のブラッドフォード大学で60人のITスタッフを束ねるジュリエット・アトキンソン氏。現職への道のりは平たんではなかった。アトキンソン氏はどのような“闘い”をしてきたのか。(2021/12/1)

CIOが驚くアイデア
IT部門 vs. ビジネス部門、機械学習チームはどこが統括する?
IT部門のサポートがなければ、機械学習を利用することはできない。だが、機械学習の射程はITよりも大きい。機械学習の実践者が「機械学習チームはどこが統括すべきか」について議論する。(2019/1/22)

「重大なバグ」への対処法【第2回】
バグ修正の成否を決めるのは「連絡窓口の一本化」 それはなぜなのか
重大なバグは発生したら、IT部門に問い合わせが殺到する。それでも冷静に動いて適切に情報発信するための手法がある。緊急時におけるコミュニケーションのノウハウを紹介する。(2022/4/28)