独自ルールにこだわるIT部門に足りない「発想の転換」 Gartnerが指摘「どこからでもサービス提供」の視点【前編】

働き方が変わることと同時にビジネスニーズも変化している。IT部門はこの変化に対処するためにどうすればいいのか。そのためには従来の考え方を捨てて、新しい戦略を取り入れることが求められる。

2022年04月13日 05時00分 公開
[Emily FosterTechTarget]

関連キーワード

IaaS | 運用管理 | オンプレミス


 IT部門は、従業員や顧客に対して可能な限り迅速にITサービスを提供しなければならない。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によって企業は在宅勤務を迫られた。そうした中でIT部門に課されたのは、どこにいても従業員や顧客に対してITサービスを確実に届けるために、どうすればいいのかという課題だ。

IT部門に求められる「発想の転換」

 調査会社Gartnerは、2021年12月に年次イベント「Gartner IT Infrastructure, Operations & Cloud Strategies Conference 2021」を開催した。この中で、同社のアナリストであるデビッド・カプッチョ氏は、IT部門がいつでもどこでも効果的にITサービスを提供するための戦略のポイントを紹介した。どのような状況になっても、社内の混乱を避けて業務を継続するには、IT部門と事業部門が協力してビジネスニーズに応えることが重要だ。

 IT部門は、ビジネスを推進するための重要な分野に焦点を当てたITリソース配備を考える必要がある。これに当たってIT部門は考え方を変えなければならない。「ITリソースの配備はIT部門のルールではなく、ビジネスのニーズに基づいて決定すべきだ。部門を超えたコミュニケーションが成功の鍵となる」とカプッチョ氏は語る。

 ビジネスニーズに沿うことに加えて、ITリソース配備のプロセスを標準化することも欠かせない。標準的なプロセスを採用することで業務の複雑さが軽減し、開発チームと運用チームは適切に管理された中で迅速に作業を進めることができる。「ITリソース配備の速さはビジネスの価値につながる」とカプッチョ氏は語る。


 後編はインフラ選定の視点で、場所を問わないシステム運用のポイントを考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。