2022年04月05日 05時00分 公開
特集/連載

SREとはどのような職種か? クラウドエンジニアとは何が違う?「SRE」と「クラウドエンジニア」の違い【前編】

新しい職種として最近、「サイト信頼性エンジニア」が存在感を高めている。クラウドエンジニアの「敵」ではなく「味方」だ。両者はどう違い、共存するにはどうすればいいのか。

[Chris Tozzi,TechTarget]

 「サイト信頼性エンジニアリング」(Site Reliability Engineering:SRE)とは、Googleが提唱した概念で、同社は「信頼性の高い本番環境システムを実行するための職務、マインドセット、エンジニアリング手法」だと定義する。SREはクラウドサービスをはじめ、企業が使うシステムの管理手法を変える力がある。

 SREを担う人をサイト信頼性エンジニアと呼ぶ(以下、本稿のSREはサイト信頼性エンジニアを指す)。SREはシステムの可用性とパフォーマンス最適化を主なミッションとしている。それを実現するために、SREはシステム管理全般にはもちろん、ソフトウェアエンジニアリングの手法にも精通する必要がある。スキルの一例としては、コードによるシステム管理が挙げられる。

 SREは、クラウドサービスの運用管理を担当する「クラウドエンジニア」に取って代わる職種ではない。むしろ、クラウドエンジニアの部隊を「補う」と考えた方がいいだろう。SREはクラウドエンジニアにツールや戦略立案といった新たなノウハウを与え、クラウドサービスの信頼性を高めるための手助けをする。

「SRE」と「クラウドエンジニア」はどう違うのか それぞれの役割を比較

 SREの仕事の対象になるシステムはクラウドサービスだけではない。SREはオンプレミスのインフラも含め、あらゆる種類のシステムの信頼性を管理する「オールマイティー」の人材だ。近年、大半の企業がクラウドサービスを採用しているため、クラウドサービスの信頼性管理はSREの仕事の重要な部分になっている。

 とはいえ、SREとクラウドエンジニアはそれぞれ職務内容が違う。両者を比較し、違いを明確にしよう。

手法

 クラウドエンジニアもソフトウェアエンジニアリング手法を利用することがある。これには、クラウドサービスを使ったシステムの開発工程でコードを管理する手法「IaC」(Infrastructure as Code)も含まれる。ただし、ソフトウェアエンジニアリング手法の利用はクラウドエンジニアにとって主要な職務内容ではない。言語に例えると、SREはソフトウェアエンジニアリングの「母語話者」でそれを常に使う。一方でクラウドエンジニアはソフトウェアエンジニアリングが「第三や第四の言語」となり、それを時々使う程度だ。

優先事項

 信頼性の維持・向上がSREにとって唯一の優先事項だ。SREは、いかにダウンタイム(システムの停止時間)を回避し、パフォーマンス最適化を実現するかが腕の見せ所になる。クラウドエンジニアも信頼性に気を配るが、信頼性はあくまで、幾つかある優先事項の中の一つだ。クラウドエンジニアはクラウドサービスの費用対効果やセキュリティの確保にも力を注ぐ。

業務範囲

 前述の通り、クラウドはSREが管理するシステムの一つにすぎない。SREは企業が保有する全てのシステムを管理する。それとは対照的に、クラウドエンジニアが管理するのはクラウドサービスのみだ。


 後編は、SREとクラウドエンジニアの組み合わせによるメリットを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...

news009.jpg

複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新...

news181.jpg

Wi-Fiプローブデータを活用した屋内DOOHのインプレッション計測モデル、シスコとLIVE BOARDが共同開発
カメラを設置することなく、より安価でシームレスな計測が可能に。