2014年04月02日 08時00分 公開
特集/連載

“炎上”モバイルアプリはなぜ生まれるのかセキュリティと個人情報の失敗事例で学ぶ

企業はモバイル向けアプリケーション開発に着手する前に、セキュリティとプライバシーの問題を考えておくべきだ。万が一、この2点で不備が発生すれば、ユーザーの間で“炎上”する事態になりかねない。

[Kevin Johnson,TechTarget]

 企業の開発チームはモバイルアプリケーション開発を、必須の通過儀礼のように思いがちだ。「エンタープライズモバイルアプリケーションの1つや2つ持っていない会社は、競争に取り残されてしまう」というのが彼らの認識だ。ただし、さまざまなデバイスやプラットフォームのサポートという現実に直面するまでは――。

 デスクトップアプリケーションをモバイルに移植しても、目下のビジネスニーズに対応できるとは限らない。また、新しいモバイルソフトウェアの開発によって、セキュリティやプライバシーの根幹に関わる問題が増大することもある。それらのアプリケーションが位置やデバイスのセンサー(GPS、カメラ、加速度計)、Bluetooth、NFCなどのサードパーティーサービスを利用する場合は特にそうだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...