“炎上”モバイルアプリはなぜ生まれるのかセキュリティと個人情報の失敗事例で学ぶ

企業はモバイル向けアプリケーション開発に着手する前に、セキュリティとプライバシーの問題を考えておくべきだ。万が一、この2点で不備が発生すれば、ユーザーの間で“炎上”する事態になりかねない。

2014年04月02日 08時00分 公開
[Kevin Johnson,TechTarget]

 企業の開発チームはモバイルアプリケーション開発を、必須の通過儀礼のように思いがちだ。「エンタープライズモバイルアプリケーションの1つや2つ持っていない会社は、競争に取り残されてしまう」というのが彼らの認識だ。ただし、さまざまなデバイスやプラットフォームのサポートという現実に直面するまでは――。

 デスクトップアプリケーションをモバイルに移植しても、目下のビジネスニーズに対応できるとは限らない。また、新しいモバイルソフトウェアの開発によって、セキュリティやプライバシーの根幹に関わる問題が増大することもある。それらのアプリケーションが位置やデバイスのセンサー(GPS、カメラ、加速度計)、Bluetooth、NFCなどのサードパーティーサービスを利用する場合は特にそうだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...

news173.png

Google Cloud Platform (GCP)上に構築したデータ基盤をCDPに 「Rtoaster insight+」に新機能
ブレインパッドは、GCP上に構築したデータ基盤をCDPに進化させる新機能を「Rtoaster insi...