C++が“使ってはいけないプログラミング言語”だと言われるのはなぜ?「Carbon」は「C++」の後継になり得るか【第2回】

「C++」は、「C」の後継として生まれたプログラミング言語だ。後継言語として強力な仕組みを持つ一方、さまざまな問題を抱えていると専門家は指摘する。どのような問題なのか。

2022年09月26日 05時00分 公開
[Stephanie GlenTechTarget]

 プログラミング言語「C++」は、プログラミング言語「C」から派生した。そのためC++は、Cの仕組みを受け継いでいる。C++エンジニア向けカンファレンス「CppNorth 2022」の基調講演において、「C++の成功にはCの継承が不可欠だった」と、Googleのプリンシパルソフトウェアエンジニアであるチャンドラー・カルース氏は語った。同社はC++の後継を目指して、プログラミング言語「Carbon」(Carbon Language)の開発を進めている。

 CからC++への移行は比較的スムーズに進んだ。一方でC++が抱える“ある問題”が顕在化した。

C++が“使ってはいけない”と言われるのはなぜ?

 「C++はさまざまな癖がある複雑なプログラミング言語だ。構文を理解して記述するのが難しい。そのためバグが発生する可能性が高く、修正に費用も時間もかかる」。プログラミング学習サイト「Savvy Programmer」の創設者兼編集者のモーシェッド・アラム氏はそう話す。「C++は企業におけるアプリケーション開発にはあまり適していない」ともアラム氏は語る。

 企業におけるアプリケーション開発にC++が最適なプログラミング言語ではないことには、調査会社Forrester Researchでシニアアナリストを務めるアンドリュー・コーンウォール氏も同意する。「C++は強力なプログラミング言語だが、多くの災いを引き起こす可能性がある」とコーンウォール氏は述べる。一方「さまざまなシステムの構築にC++は十分役割を果たしている」という考えも示す。

 「C++にはメモリに関する安全性の問題がある。これはC++で開発したアプリケーションに深刻なセキュリティリスクをもたらしかねない」。アプリケーション開発企業Intelivitaの共同創設者であるダバル・サルバイヤ氏はそう説明する。C++では、開発者がメモリ領域の確保や解放といった処理をソースコードに明記する必要がある。適切なメモリ管理ができていないC++アプリケーションは、確保できているメモリ領域を越えてデータを書き込んでしまうことがある。これを「バッファオーバーフロー」の脆弱(ぜいじゃく)性と呼ぶ。

 ソースコード共有サービス「GitHub」で公開している情報によると、Carbon開発チームは、こうしたメモリの安全性の問題を大きな課題だと捉えており、C++の後継言語はメモリの安全性を確保すべきだと主張する。他方で「メモリの安全性に関する取り組みの優先順位は高くない」とも説明する。「われわれがセキュリティ分野で真っ先に重点を置くのは、重要かつ実装難易度が高くない機能だ」と開発チームは言及する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...