2013年04月01日 08時00分 公開
特集/連載

「HTML5でモバイルアプリ開発」は是か非か? ネイティブアプリと比較完璧な解決策ではないが、有望な技術

モバイルアプリの開発手段として、HTML5はどのくらい有効なのか。有力な対抗馬であるネイティブアプリ方式との比較を通して、HTML5の実力を探る。

[Bill Claybrook,TechTarget]

 モバイルアプリケーション開発で現在最も一般的なのは、ネイティブアプリとして開発するアプローチだ。残念ながら、ネイティブアプリの開発には大きなコストが掛かる可能性があるのに加え、開発ターゲットが少数のモバイルプラットフォームや端末に限定されてしまう問題がある。本稿では、汎用的なモバイル開発手段としてHTML5の可能性を探るとともに、そのメリットとデメリットを明らかにする。

 ネイティブアプリの開発者は、各種のモバイルOSや携帯端末向けに個別のネイティブアプリを開発する。ネイティブアプリは携帯端末に直接組み込まれるため、多くの種類のモバイルOSや携帯端末をターゲットにする場合、開発コストが高くなる可能性がある。私物端末の業務利用(BYOD)を採用する動きが拡大していることもあり、ネイティブアプリの開発とメンテナンスのコストは増加傾向にあるのが現状だ。

 多くの種類のモバイルOSおよび携帯端末向けモバイルアプリを開発する必要がある企業では、端末やOSに応じて作り直さなくても済むようにしたいと考えている。こうしたモバイルアプリは、同じプログラムがどこでも動く「WORA(Write Once, Run Anywhere)」型モバイルアプリと呼ばれる。

 WORA型モバイルアプリを実現する手段には、Mobile Enterprise Application Platform(MEAP)やハイブリッド型モバイルアプリ方式などがある。本稿で焦点を当てるのは、HTML5ベースのWORA型モバイルアプリである。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...