2012年01月05日 09時00分 公開
特集/連載

セキュリティ強化のはずが逆効果? HTML5「サンドボックス」の盲点Webページ改ざん対策を無効化する場合も

プラグインなしで映像や音声を再生できる「HTML5」の注目度は高まる一方だが、セキュリティの課題が解決されていないことを懸念する声もある。

[Rob Westervelt,TechTarget]

 Webブラウザに音声や画像、動画を表示する技術である「HTML5」。Adobe Flashとは異なりプラグインが不要なことから注目を集めている。だがセキュリティ専門家は「HTML5の存在が、ユーザー企業のセキュリティ担当者にとって新たな課題になりかねない」と警告する。

 英Sophosの上級技術者であるジェームズ・リン氏は、「HTML5の急速な普及は、思わぬセキュリティ問題を招きかねない」と危惧する。適切にプログラムされていないHTML5のWebアプリケーションの場合、攻撃者によって重要データを不正に取得されかねないという。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...