2011年07月27日 09時00分 公開
特集/連載

Windows 8搭載タブレットがiPadに対抗できない理由Microsoftは企業向けタブレット市場に切り込めるか

Microsoftが情報を出し渋るWindows 8搭載タブレットはiPadの対抗馬となるのか? Windowsならではの課題と共にその可能性を探る。

[Ed Scannell,TechTarget]

 徐々に始まった米AppleのiPadの企業導入は今や破竹の勢いとなり、IT管理者は数千台のPCにインストールされているWindowsアプリケーションとiPadとの将来的な互換性を考えなければならなくなった。

 米Microsoftが広大な開発者エコシステムに働き掛けてアプリケーションの移植を促す戦略を打ち出すことで、iPadでもWindowsのアプリケーションがシームレスに使えるようになりさえすれば、IT担当者は枕を高くして寝られるかもしれない。

 実際、Microsoftはこのための戦略的なアプローチとしてある策を講じている。具体的には、次期OSのWindows 8をARMプロセッサに移植することだ(関連記事:Microsoft、ARMのサポートとタブレット計画でiPadに対抗)。ARMプロセッサは、AppleのiPadも含め、現在最も売れているタブレットPCのほとんどに搭載されている。

 しかし、最も忠節なWindows開発者であっても、実際にこの戦略を実行するのは難しいだろう。理由の1つとして、Windows 7以前のバージョンは、米Intelのx86アーキテクチャとのつながりが強いことが挙げられる。つまり、Windows 8やタブレット端末に組み込まれたタッチ操作がメインの機能を、x86ベースのアプリケーションで、ある程度利用しなければならない。そうでないと、移植しても受け入れられる確率は格段に低くなる。

関連ホワイトペーパー

Windows | タブレット | iPad | スマートフォン | Windows 7 | API | ARM | .NET | x86 | JavaScript | Silverlight


ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。