2011年06月30日 09時00分 公開
特集/連載

Windows 8の新機能に、どう「タッチ」すべきか?タイル型インタフェースやタッチスクリーン

2011年6月に公開されたWindows 8の新インタフェース。Windows 7やそれ以前のOS用の「レガシーアプリ」の存在が、Windows 8の新機能の全面的な導入をためらわせている。

[Ed Scannell,TechTarget]

 Windows 8(ここまで分かった、Windows 8で追加される新機能も参照)のリリースは2012年の後半以降になる見込みだが、2011年6月初めに、米Microsoftは早くもこの次期OSに搭載する新しいテクノロジーを公開し始めた。Windows 8のマーケティング進撃の最初の喚声を上げたといえる。

 注目を集めたのは、Windowsのスタートメニューに代わって採用されたWindows 8の新しいタイル型インタフェースだ。新しいインタフェースは、コントローラー端末上の小型の画面から大型のPCベースのデスクトップ画面、社内キオスクに至るまで、タッチ操作専用のスクリーンをサポートできる。また、今回のお披露目でMicrosoftは、この新しいテクノロジーは、新世代のタッチ操作中心のハードウェアの誕生を促すものではないとしても、新世代端末への布石になり得るという考えを示した。

 Windows 8の新テクノロジーの可能性は認識しているが、導入には幾つかの懸念ある。その懸念とは、主としてタッチ操作を利用するアプリケーションとそうでないレガシーアプリケーションとの互換性に関するものであり、ITサポートスタッフのトレーニングに伴う費用についての懸念である。

関連ホワイトペーパー

Windows | Windows 7 | タブレット


ITmedia マーケティング新着記事

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。