2011年06月30日 09時00分 UPDATE
特集/連載

タイル型インタフェースやタッチスクリーンWindows 8の新機能に、どう「タッチ」すべきか?

2011年6月に公開されたWindows 8の新インタフェース。Windows 7やそれ以前のOS用の「レガシーアプリ」の存在が、Windows 8の新機能の全面的な導入をためらわせている。

[Ed Scannell,TechTarget]

 Windows 8(ここまで分かった、Windows 8で追加される新機能も参照)のリリースは2012年の後半以降になる見込みだが、2011年6月初めに、米Microsoftは早くもこの次期OSに搭載する新しいテクノロジーを公開し始めた。Windows 8のマーケティング進撃の最初の喚声を上げたといえる。

 注目を集めたのは、Windowsのスタートメニューに代わって採用されたWindows 8の新しいタイル型インタフェースだ。新しいインタフェースは、コントローラー端末上の小型の画面から大型のPCベースのデスクトップ画面、社内キオスクに至るまで、タッチ操作専用のスクリーンをサポートできる。また、今回のお披露目でMicrosoftは、この新しいテクノロジーは、新世代のタッチ操作中心のハードウェアの誕生を促すものではないとしても、新世代端末への布石になり得るという考えを示した。

 Windows 8の新テクノロジーの可能性は認識しているが、導入には幾つかの懸念ある。その懸念とは、主としてタッチ操作を利用するアプリケーションとそうでないレガシーアプリケーションとの互換性に関するものであり、ITサポートスタッフのトレーニングに伴う費用についての懸念である。

関連ホワイトペーパー

Windows | Windows 7 | タブレット


ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...