2021年05月15日 05時00分 公開
特集/連載

LGがスマホ事業撤退を選んだ「中国の台頭」「コロナ禍」以上に残念な理由革新的な技術は魅力的だが……

スマートフォン事業からの撤退を決めたLG Electronics。実験的な製品を市場投入していた同社の撤退は、ライバルの台頭やコロナ禍が引き金になったことは確かだ。だが原因は本当に環境要因だけなのか。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

 LG Electronicsは2021年4月、スマートフォン事業から撤退し、電気自動車部品、ロボティクス、スマートホーム技術などにリソースを集中させることを発表した。スマートフォン事業の撤退は2021年7月までに完了する。

 中国のスマートフォンベンダーの成長により、LGが市場で勝ち残ることは難しくなっていた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19の)パンデミック(世界的大流行)による市場低迷も、撤退の判断を後押しした形だ。だが理由はそれだけだろうか。

LGのスマホ撤退を招いた“残念な理由”

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...