2021年05月15日 05時00分 公開
特集/連載

LGがスマホ事業撤退を選んだ「中国の台頭」「コロナ禍」以上に残念な理由革新的な技術は魅力的だが……

スマートフォン事業からの撤退を決めたLG Electronics。実験的な製品を市場投入していた同社の撤退は、ライバルの台頭やコロナ禍が引き金になったことは確かだ。だが原因は本当に環境要因だけなのか。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

 LG Electronicsは2021年4月、スマートフォン事業から撤退し、電気自動車部品、ロボティクス、スマートホーム技術などにリソースを集中させることを発表した。スマートフォン事業の撤退は2021年7月までに完了する。

 中国のスマートフォンベンダーの成長により、LGが市場で勝ち残ることは難しくなっていた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19の)パンデミック(世界的大流行)による市場低迷も、撤退の判断を後押しした形だ。だが理由はそれだけだろうか。

LGのスマホ撤退を招いた“残念な理由”

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...