2013年08月28日 08時00分 公開
特集/連載

次世代ファイアウォールが一番人気、読者が選ぶ次の投資先ゲートウェイセキュリティに関する読者調査リポート

ファイアウォールをはじめとする「ゲートウェイセキュリティ」の導入率トップは何か。今後導入が進む製品は。TechTargetジャパンの読者調査から明らかにする。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2013年7月17日から30日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に、各種ファイアウォールや侵入検知システム(IDS)/侵入防御システム(IPS)といった、ネットワークの境界などに設置するセキュリティ対策製品「ゲートウェイセキュリティ製品」に関するアンケート調査を実施した。ゲートウェイセキュリティ製品の導入状況や運用方式、課題などを聞いた。本稿は、アンケート調査から明らかになったゲートウェイセキュリティに関する実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。

調査概要

目的:ゲートウェイセキュリティ対策の実態や関連製品の導入状況について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2013年7月17日〜30日

総回答数:201件

※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100%にならない場合があります。


ゲートウェイセキュリティは過半数が導入、約3割が新たに導入/刷新の意向

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...