2010年09月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ファイルスキャンとパケットスキャンを理解し、正しい選択を読めば分かる! ゲートウェイアンチウイルス

パケットを監視し、各種ウイルス攻撃から企業ネットワークを保護するゲートウェイアンチウイルス。代表的な2つの形式はどう使い分ければよいのか、メリット/デメリットを紹介しながら解説する。

[フォーティネットジャパン,菅原継顕]

 ゲートウェイアンチウイルスが企業に導入され始めて、約10年がたとうとしている。2000年5月に登場し、多くの企業で爆発的な感染被害を及ぼした「LOVE LETTER(※)」ウイルスにより、企業はゲートウェイアンチウイルスの導入を迫られた。

※ LOVE LETTERは、Outlookのアドレス帳を悪用し、本文に「私からのラブレターです。どうぞ読んでください。」と記載された電子メールを送り付けるウイルス。受信者は知人からのメールということもあり、つい開いてしまいたくなる仕掛けだった。

 現在も、ウイルス脅威の侵入ルートはインターネットが主流である。改ざんされたWebサイト、脆弱性を持つ公開サーバ群、ボットネット、Gumblar(ガンブラー)のような複合脅威、ターゲット型攻撃、プロトコルの脆弱性など、危険は大きく、そして進化している。ゲートウェイアンチウイルスの重要性はますます高まるだろう。

ゲートウェイアンチウイルスの種類

 一言でゲートウェイアンチウイルスと言っても、その形式は2つある。各社呼び名は異なるが、ここでは「ファイルスキャン」と「パケットスキャン」と呼ぶことにする。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...