2010年09月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ファイルスキャンとパケットスキャンを理解し、正しい選択を読めば分かる! ゲートウェイアンチウイルス

パケットを監視し、各種ウイルス攻撃から企業ネットワークを保護するゲートウェイアンチウイルス。代表的な2つの形式はどう使い分ければよいのか、メリット/デメリットを紹介しながら解説する。

[フォーティネットジャパン,菅原継顕]

 ゲートウェイアンチウイルスが企業に導入され始めて、約10年がたとうとしている。2000年5月に登場し、多くの企業で爆発的な感染被害を及ぼした「LOVE LETTER(※)」ウイルスにより、企業はゲートウェイアンチウイルスの導入を迫られた。

※ LOVE LETTERは、Outlookのアドレス帳を悪用し、本文に「私からのラブレターです。どうぞ読んでください。」と記載された電子メールを送り付けるウイルス。受信者は知人からのメールということもあり、つい開いてしまいたくなる仕掛けだった。

 現在も、ウイルス脅威の侵入ルートはインターネットが主流である。改ざんされたWebサイト、脆弱性を持つ公開サーバ群、ボットネット、Gumblar(ガンブラー)のような複合脅威、ターゲット型攻撃、プロトコルの脆弱性など、危険は大きく、そして進化している。ゲートウェイアンチウイルスの重要性はますます高まるだろう。

ゲートウェイアンチウイルスの種類

 一言でゲートウェイアンチウイルスと言っても、その形式は2つある。各社呼び名は異なるが、ここでは「ファイルスキャン」と「パケットスキャン」と呼ぶことにする。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...