2010年09月08日 08時00分 公開
特集/連載

読めば分かる! ゲートウェイアンチウイルスファイルスキャンとパケットスキャンを理解し、正しい選択を

パケットを監視し、各種ウイルス攻撃から企業ネットワークを保護するゲートウェイアンチウイルス。代表的な2つの形式はどう使い分ければよいのか、メリット/デメリットを紹介しながら解説する。

[フォーティネットジャパン,菅原継顕]

 ゲートウェイアンチウイルスが企業に導入され始めて、約10年がたとうとしている。2000年5月に登場し、多くの企業で爆発的な感染被害を及ぼした「LOVE LETTER(※)」ウイルスにより、企業はゲートウェイアンチウイルスの導入を迫られた。

※ LOVE LETTERは、Outlookのアドレス帳を悪用し、本文に「私からのラブレターです。どうぞ読んでください。」と記載された電子メールを送り付けるウイルス。受信者は知人からのメールということもあり、つい開いてしまいたくなる仕掛けだった。

 現在も、ウイルス脅威の侵入ルートはインターネットが主流である。改ざんされたWebサイト、脆弱性を持つ公開サーバ群、ボットネット、Gumblar(ガンブラー)のような複合脅威、ターゲット型攻撃、プロトコルの脆弱性など、危険は大きく、そして進化している。ゲートウェイアンチウイルスの重要性はますます高まるだろう。

ゲートウェイアンチウイルスの種類

 一言でゲートウェイアンチウイルスと言っても、その形式は2つある。各社呼び名は異なるが、ここでは「ファイルスキャン」と「パケットスキャン」と呼ぶことにする。

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。