2013年06月05日 08時00分 公開
特集/連載

何が起きたのか「韓国大規模サイバー攻撃」攻撃は9カ月前から始まっていた

金融機関や放送局に多大な被害をもたらした、2013年3月の韓国大規模サイバー攻撃。韓国政府と共同で解析に当たった専門家が、攻撃の真相と企業が取るべき対策を示す。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 2013年3月20日に韓国で発生した大規模サイバー攻撃、通称「320サイバーテロ」。金融機関や放送局のコンピュータの一斉ダウンを引き起こした320サイバーテロは、どういった経緯で発生したのか。企業が学び取れる教訓と対策とは。韓国政府のタスクフォースメンバーとして320サイバーテロを解析した、セキュアソフト CERT所長のソン・ドンシク氏の話から明らかにする。本稿は、2013年5月にセキュアソフトとラックが共催した「SecureSoft SECURITY FAIR 2013」でドンシク氏が講演した内容をまとめた。

攻撃の被害:金融機関や放送局で発生、数十億円の被害も

写真 セキュアソフトのソン・ドンシク氏

 320サイバーテロが引き起こした被害は大きい。韓国全土に支店がある農業協同組合中央会(農協)では、現金自動預払機(ATM)1万6000台が停止に追い込まれた。大手都市銀行である新韓(シンハン)銀行では、支店取引やインターネットバンキングが停止。済州(チェジュ)銀行では、320台の業務用クライアントPCが動作不能になり、取引不能に陥った。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

リモートワークや時差出勤の導入状況を企業IPアドレスへの接続状況で読む――インティメート・マージャー調査
ゴールデンウイーク明けは全国的に企業IPアクセス数の割合が増えています。ということは...

news133.jpg

IoT環境における「モノと人との会話」 男女で傾向の違いあり――博報堂DYメディアパートナーズがVRで調査
モノに話しかけられると、女性は会話を楽しみ、男性はイライラすることがあるようです。

news104.jpg

新型コロナが加速するオンライン商談、過半数の企業が導入――ベルフェイス調査
訪問しない「オンライン商談」の導入がコロナ禍で急増しているようです。