2013年04月16日 08時00分 公開
特集/連載

米国防総省委員会、「サイバー攻撃への軍事作戦力を高めよ」攻撃は最大の防御?

米国防総省の諮問委員会は「敵が仕掛けてくる攻撃に対して、米国のITインフラは装備が不十分だ」と指摘する。「サイバー攻撃能力を開発すべきだ」との主張も。攻撃は最大の防御となるか。

[George Leopold,TechTarget]

米国のITインフラは装備が不十分

 サイバー空間をめぐる中国との緊張が高まる中で、米国防総省の諮問委員会である国防科学委員会(DSB)は、サイバー戦争の攻撃能力を新たに実装しながら、米国のサイバー防衛を強化することを提言した。

 DSBは1年半をかけてまとめた報告書の公開版で、「敵はわれわれのネットワークの中にいる」と警告。サイバー能力と軍事資産、情報資産を駆使して敵が仕掛けてくるあらゆる攻撃に対し、「米国のITインフラは装備が不十分だ」と指摘した。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...