「SpyEye」開発コード流出、新手サイバー攻撃の恐れも同系マルウェア「Zeus」の二の舞か

トロイの木馬型マルウェア「SpyEye」を作成するツールキットのソースコードが流出した。セキュリティ研究者は、サイバー犯罪集団が新手の攻撃を仕掛けてくる可能性が高いと警笛を鳴らす。

2011年09月22日 09時00分 公開
[Robert Westervelt,TechTarget]

 悪名高い「SpyEye」ツールキットのソースコードが流出し、最大級の勢力を持つ犯罪マルウェアの一派がさらに大きな脅威になるのではないかとの懸念が高まっている。

 SpyEyeはアカウントのログイン情報といった重要情報を標的とするトロイの木馬型マルウェアだ。2009年に出現し、すぐに銀行情報を狙ったマルウェア「Zeus」のツールキットと競合するようになった。ソースコードが流出したことにより、セキュリティ研究者はSpyEyeおよびそのコードの作者の手口について貴重な情報を得ることができたが、同時に別のサイバー犯罪集団が新たな亜種と攻撃の手口を開発する道も開けた。

 SpyEyeのコード流出に対してサイバー犯罪集団がどう反応するかは容易に想像がつく。Damballaの上級脅威情報アナリスト、ショーン・ボドマー氏によると、Zeusの攻撃ツールキットのソースコードが2011年3月に流出して以来、同社の研究チームが把握している新手のZeusボット運営集団は数十にも上る。さらには混合型のコードも発見され、SpyEyeとZeusの特性を兼ね備えたマルウェアの亜種の存在を裏付けた。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...