Apple「WebKit」の脆弱性を悪用してスマホから勝手に電話、その手口はアプリで電話番号URLをタップしただけでトラブルに?

Appleの「WebKit」フレームワークの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用すると、被害者のスマートフォンアプリから電話を発信させることが可能になる。この攻撃の仕組みを、専門家が解説する。

2017年04月17日 08時00分 公開
[Michael CobbTechTarget]
「WebKit」 HTMLレンダリングエンジン群「WebKit」の公式Webサイト《クリックで拡大》

 ある研究者の報告によると、Appleの「WebView」を組み込んだモバイルアプリには、電話を勝手に発信させるDenial of Service(DoS)攻撃を受ける危険性があるという。これを悪用したリンクをソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の「Twitter」に投稿し、そのリンクをクリックした人たちの端末から緊急電話センター911に大量の電話を発信させた人物が逮捕された。WebViewのこの問題はどのように悪用されるのか。

 HTMLレンダリングエンジン群「WebKit」のフレームワークでは、「iOS」用アプリの開発者がWebコンテンツを表示したり、一般的なブラウザ機能(ハイパーテキストリンク処理やページの閲覧履歴管理など)を実装したりできる。複雑なWebページロード処理を簡素化できるのでとても便利だ。

 WebKitフレームワークの表示用コアクラスであるWebViewでは、コンテンツのスタイルやレンダリングを効率的に処理でき、Twitterやビジネス向けSNSの「LinkedIn」など数多くのアプリで利用されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。