2017年02月20日 08時00分 公開
特集/連載

Androidの“正規アプリ”4種にスパイウェア混入――業界蒼白の仕組みとは一時「Google Play」から入手可能に

「Google Play」で公開されていた4種のAndroidアプリにスパイウェアが混入されていたことが判明した。このスパイウェアはどのような仕組みなのか。なぜGoogle Playの審査を通過できたのか。

[Michael Cobb,TechTarget]
画像 Androidアプリで新たに見つかったスパイウェアとは

 大使館の情報や特定地域のニュースを提供する4種のAndroidアプリケーションに、海外旅行者などを狙ったスパイウェア「Overseer」が混入していたことが判明した。これらのアプリはGoogleの公式アプリストア「Google Play」から削除された。

 Overseerは、インストールされたデバイスから連絡先、メール、GPS(全地球測位システム)などのデータを収集していた。このスパイウェアはどのような仕組みで動作していたのか。これらのアプリは、どのようにしてGoogle Playに潜り込んだのか。

スパイウェア「Overseer」の仕組みとは

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。