iPhone/Androidの“危ないWebアプリ作者”にならないための「5つのやることリスト」利便性とセキュリティの両立を図るには

モバイルデバイス向けアプリケーションをWebアプリケーションとして開発することの支持が広がりつつある。一方でモバイルWebアプリケーションの採用に当たり、IT部門が考慮すべきことは少なくない。

2016年11月22日 08時00分 公開
[Eric KleinTechTarget]
画像 モバイルWebアプリケーションのセキュリティ対策にもっと目を向けるべき

 Appleの「iPhone」「iPad」、Googleの「Android」搭載デバイスといったモバイルデバイス向けのWebアプリケーション(以下、モバイルWebアプリケーション)の導入に際し、アプリケーション開発者やIT部門は、WebブラウザのセキュリティやOSのサポート状況にもっと注意を払ってもいい。

 ここ数年の間に、モバイルデバイスでのデータ利用量は破竹の勢いで増加してきた。そのうちのかなりの部分をWebの閲覧が占めている。最新のWebブラウザは安定性を増し、JavaScriptのパフォーマンスや速度も向上している。

 こうした中、開発者に求められるのは、モバイルWebアプリケーションに調整を施し、複数のモバイルブラウザで利用可能にすることだ。一方でIT部門は、モバイルブラウザ経由でモバイルWebアプリケーションを利用する際のセキュリティを確保しなければならない。

モバイルWebアプリケーションの新時代

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...