2016年11月22日 08時00分 公開
特集/連載

iPhone/Androidの“危ないWebアプリ作者”にならないための「5つのやることリスト」利便性とセキュリティの両立を図るには

モバイルデバイス向けアプリケーションをWebアプリケーションとして開発することの支持が広がりつつある。一方でモバイルWebアプリケーションの採用に当たり、IT部門が考慮すべきことは少なくない。

[Eric Klein,TechTarget]
画像 モバイルWebアプリケーションのセキュリティ対策にもっと目を向けるべき

 Appleの「iPhone」「iPad」、Googleの「Android」搭載デバイスといったモバイルデバイス向けのWebアプリケーション(以下、モバイルWebアプリケーション)の導入に際し、アプリケーション開発者やIT部門は、WebブラウザのセキュリティやOSのサポート状況にもっと注意を払ってもいい。

 ここ数年の間に、モバイルデバイスでのデータ利用量は破竹の勢いで増加してきた。そのうちのかなりの部分をWebの閲覧が占めている。最新のWebブラウザは安定性を増し、JavaScriptのパフォーマンスや速度も向上している。

 こうした中、開発者に求められるのは、モバイルWebアプリケーションに調整を施し、複数のモバイルブラウザで利用可能にすることだ。一方でIT部門は、モバイルブラウザ経由でモバイルWebアプリケーションを利用する際のセキュリティを確保しなければならない。

モバイルWebアプリケーションの新時代

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...