2016年11月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

利便性とセキュリティの両立を図るにはiPhone/Androidの“危ないWebアプリ作者”にならないための「5つのやることリスト」

モバイルデバイス向けアプリケーションをWebアプリケーションとして開発することの支持が広がりつつある。一方でモバイルWebアプリケーションの採用に当たり、IT部門が考慮すべきことは少なくない。

[Eric Klein,TechTarget]
画像 モバイルWebアプリケーションのセキュリティ対策にもっと目を向けるべき

 Appleの「iPhone」「iPad」、Googleの「Android」搭載デバイスといったモバイルデバイス向けのWebアプリケーション(以下、モバイルWebアプリケーション)の導入に際し、アプリケーション開発者やIT部門は、WebブラウザのセキュリティやOSのサポート状況にもっと注意を払ってもいい。

 ここ数年の間に、モバイルデバイスでのデータ利用量は破竹の勢いで増加してきた。そのうちのかなりの部分をWebの閲覧が占めている。最新のWebブラウザは安定性を増し、JavaScriptのパフォーマンスや速度も向上している。

 こうした中、開発者に求められるのは、モバイルWebアプリケーションに調整を施し、複数のモバイルブラウザで利用可能にすることだ。一方でIT部門は、モバイルブラウザ経由でモバイルWebアプリケーションを利用する際のセキュリティを確保しなければならない。

モバイルWebアプリケーションの新時代

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...