2020年07月08日 05時00分 公開
特集/連載

新型コロナが問う「オフィスに莫大な金を払い続ける」ことの是非「在宅勤務」長期化に備える【後編】

全社的に在宅勤務などのテレワークに移行した企業が職場への出社を再開させる場合、考慮すべきことが幾つかある。実は今までのオフィスに対する考え方自体、新しい時代には“常識”ではなくなる可能性さえあるのだ。

[Mike Gleason,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で、在宅勤務などのテレワークを全社的に導入した企業は少なくない。業務アプリケーションベンダーMotusの市場調査アナリストを務めるケン・ロビンソンは「従業員が出社できるようになるまで、さらに数か月かかる可能性があり、もうしばらくテレワークが必要になることを想定した戦略が必要だと語る。

 前編「コロナ市やLenovoに聞く 『在宅勤務』を継続するために必要なITとは?」と中編「在宅勤務が招く「私物PC・スマホ解禁」だけではない深い問題とは?」に続く本稿は、従業員のテレワークの長期化に向けて企業が用意すべき対策を説明する。

 「オフィスへの出勤を再開する前に、従業員が安全と安心を感じられる環境を用意する必要がある」とロビンソン氏は語る。これを実現する対策は「簡単そうに聞こえるが、経営者にとってはなかなか難しい」(同氏)。

 従業員同士の間に安全な距離を確保するためには、新しい勤務体制を検討する必要があるとロビンソン氏は話す。従業員ごとに出社日を分け、テレワークを週に3回、出社を週2回にする方法もある。うまく予定を組めれば、特定チームの全員が同じ日に出社して、十分な距離を保ちながら対面で共同作業をすることが可能になる。

新型コロナが変える「オフィス」の常識

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。