「感情分析AI」の倫理的問題【前編】
Zoom「感情分析AI」に人権団体が抗議 何を心配しているのか?
複数の人権保護団体が、Zoom Video Communicationsに対して「感情を分析するAI技術」の研究中止を求めて共同書簡を提出した。どのような懸念があるのか。(2022/6/15)

「Zoom IQ」の存在意義【後編】
Zoomはなぜ「Zoom IQ」を生み出したのか? “Zoom離れ”対策か
Zoom Video Communicationsが「Zoom IQ」の提供を決断した背景には、同社のビジネスを左右する“ある状況”がある。それは何なのか。Zoom IQは同社にとって、どのような意味を持つのか。(2022/6/8)

バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【後編】
バーチャルイベントツールが「生のイベントには程遠い」と感じる理由は?
バーチャルイベントツールは、イベントの臨場感を再現する多彩な機能が特徴だ。そのために全体的な使い勝手が複雑化している欠点もある。改善に向けた業界動向を探る。(2022/5/25)

「Zoom IQ」の存在意義【前編】
「Zoom IQ」とは? 嫌われる営業トークの“あの癖”をAIが指摘
営業チーム向けツールの「Zoom IQ」は、Web会議の会話から商談内容と見込み客の反応を分析し、成約締結とプレゼンテーションスキルの向上を支援するツールだ。具体的な機能は。(2022/5/18)

物理PCと融合し始めた「Windows 365」【後編】
「Windows 365」のクラウドPCを物理PCっぽくする4大機能とは?
「Windows 365」のクラウドPCに、物理PCと同様の使い勝手をもたらすために、Microsoftは機能拡充を進めている。どのような機能があるのか。主要な4つの機能の特徴を説明する。(2022/5/11)

物理PCとの融合目指す「Windows 365」【前編】
Windows 11を人気OSにする“奥の手”が「Windows 365」だった?
Microsoftは「Windows 365」を物理PCのように利用可能にするための機能を充実させている。これらの機能が「Windows 11」の普及を後押しする可能性があるとの声がある。その理由とは。(2022/5/6)

「遠隔会議」「動画ストリーミング配信」を比較【後編】
「Web会議ツール」と「動画ストリーミングサービス」の“決定的な違い”とは?
「遠隔会議」と「動画のストリーミング配信」は互いに似た機能を備えて進化している。技術的には類似性があっても、両者の「体験」は異なる。両者を使い分けるポイントは。(2022/5/3)

バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【中編】
Zoomだけじゃない「バーチャルイベント」に使える3大ツール 本命は?
「バーチャルイベント」に利用できるツールは幾つかあるものの、実現できることは大きく異なる。適切な選定のために、主要ツールの違いを理解しよう。(2022/4/27)

バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【前編】
イベントのオンライン移行で「失われたもの」とは?
Web会議ツールをはじめとする動画技術は、働く人々を結ぶ役割を果たしてきた。ただしイベントの用途に関しては、まだ十分な支持を集めているとは言えない。何が足りないのか。(2022/4/20)

「遠隔会議」「動画ストリーミング配信」を比較【前編】
「Web会議ツール」と「動画ストリーミングサービス」の違いがなくなる?
もともと異なるニーズから生まれた「遠隔会議」と「動画のストリーミング配信」は、機能強化を経て同様の機能を備えるようになってきた。双方の違いはなくなるのか。(2022/4/12)

テレワーク時代に適したVM管理の実践術【後編】
ROBOでVMを動かすなら「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)を検討すべし
ROBOでVMを稼働させようとしている企業のIT担当者が、管理負荷の軽減に活用できる製品分野には何があるのか。主要な製品分野を整理する。(2022/3/22)

テレワーク時代に適したVM管理の実践術【前編】
「ROBO」で動く仮想マシン(VM)をリモートで管理する方法
テレワークを推進する企業のIT管理者が、「ROBO」で動くVMをリモートで管理できるようにするには、どうすればよいのか。役立つ製品分野を紹介する。(2022/3/8)

Logitech「Sync」でWeb会議用デバイスを遠隔管理
テレワーカーの自宅Webカメラを監視できるツールが登場 その本当の狙いとは?
Web会議用デバイスの管理ソフトウェア「Sync」で、オフィスだけでなくテレワーカーの自宅にあるWebカメラやヘッドセットを遠隔管理できるようにしたLogitech。その狙いとは何なのか。(2022/2/23)

ハイブリッドワークで変わるコミュニケーション手段【後編】
Zoomが「Web会議依存」からの脱却を進めなければならない理由
ハイブリッドワークが浸透する中、Zoom Video Communicationsをはじめとするベンダー各社は、コミュニケーション手段の多様化を推し進めようとしている。その背景には何があるのか。(2022/2/9)

ハイブリッドワークで変わるコミュニケーション手段【前編】
Web会議ブームでも「電話」は消えない 「音声通話」と「ビデオ通話」は融合か
Zoom Video Communicationsは「ユーザーにとって音声通話とビデオ通話の境目は薄くなった」とみる。同社は今後のユーザーニーズをどう捉え、どの製品分野を重視するのか。(2022/1/25)

オンラインとオフラインの境界をなくす技術
テレワークでの“ぼっち感”や“いらいら”を解消する3つの「AI」活用例
テレワークとオフィス勤務の従業員の間で起きるコミュニケーションの問題を改善する、人工知能(AI)技術の有効な活用例を紹介する。テレワークの生産性と協調性を高める使い方とは。(2022/1/14)

「ハイブリッドワーク」は当たり前になる
オフィス回帰が進んでも「Zoom」がもうかり続ける理由
一部の企業でオフィス回帰が進みつつある中、Zoom Video Communicationsは成長を続けている。同社が分析する「成長の理由」は。(2021/12/28)

「ビデオ通話API」はビジネスをどう変えるか
「プログラマブルビデオ」とは? “ただの動画”とは全然違う
アプリケーションやWebサービスにビデオ通話の機能を連携可能な「プログラマブルビデオ」がCPaaS市場のトレンドとなりつつある。そもそもプログラマブルビデオとは何なのか。その代表的な用途とは。(2021/11/22)

ZoomのAPAC市場戦略【後編】
Zoomにとってシンガポールこそが「アジアの要」である理由
Zoom Video Communicationsはシンガポールにデータセンターを開設し、APAC市場に向けた投資を続けている。競合ひしめく市場で、Zoomはどのような成長戦略を描いているのか。(2021/11/18)

ZoomのAPAC市場戦略【前編】
「Zoom」を“ただのWeb会議ツール”だと思い込んでいないか?
「Zoom」はWeb会議ツールとしての用途だけでなく、さまざまな業界で顧客接点を作り出すためのツールとして変化しつつある。Zoom Video Communicationsが自社イベントで示した「Zoomのクリエイティブな使い方」とは。(2021/11/11)

CXを高める、コンタクトセンターにおけるRFPの作り方【第3回】
コンタクトセンターが製品導入前に気を付けたい、「RFP」作成後レビューのチェック項目
コンタクトセンターが製品選定前の提案依頼書(RFP)を作る際に重視すべき質問内容は何か。「コスト」「サービスレベルアグリーメント(SLA)」「連携」「アプリケーション」などの観点から解説する。(2021/11/9)

Web会議だけじゃない、Zoomの成長戦略【後編】
Zoomの「ホットデスク」とは? フリーアドレスをAIでもっと効率的に
Zoom Video Communicationsはハイブリッドワークやコンタクトセンター向けのサービスや機能を拡充させようとしている。その具体的な内容から、同社が目指す事業拡大の方向性を探る。(2021/10/25)

Web会議だけじゃない、Zoomの成長戦略【前編】
Zoomがバーチャルイベント市場も制覇へ 「Zoom Events」強化の狙いは
Zoom Video CommunicationsはWeb会議以外の分野に事業を広げようとしている。具体策の一つが、バーチャルイベント運営ツール「Zoom Events」の強化だ。Zoom Eventsの進化から見える同社の戦略は。(2021/10/18)

パンデミックを乗り切るホテルチェーンのクラウド活用法【後編】
大手ホテルが脱オンプレミスに踏み切った、旅行業界ならではの“ある事情”
ホテルフランチャイズを営むChoice Hotelsは宿泊予約システムをはじめとした自社システムのクラウドサービスへの移行を進めている。その理由と、クラウドサービス移行で得られた効果とは。(2021/10/13)

パンデミックを乗り切るホテルチェーンのクラウド活用法【前編】
「コンフォートイン」運営の大手ホテル会社が、テレワークのために入れたITとは
ホテルフランチャイズを営むChoice Hotelsは、新型コロナのパンデミックを機に従業員のテレワーク体制を整備した。同社がテレワークのために導入したIT製品/サービスとは。(2021/10/6)

ハイブリッドワークの整え方【後編】
「テレワーカー=オフィス」の認識が安全なハイブリッドワーク実現に不可欠な訳
将来を見据えたセキュアなハイブリッドワークの実現には、どのような考え方でセキュリティ対策を進めればよいのか。利用できる技術とは何か。有識者のアドバイスと共に紹介する。(2021/9/28)

「Zoom」録画データの保存先はどこ?【後編】
「Zoom」の録画データをクラウド保存する簡単な方法
「Zoom」の有料プランを利用していれば、レコーディング機能で録画したデータをZoomのクラウドインフラに保存できる。その場合の手順と設定は。(2021/9/27)

ベンダー各社はハイブリッドワーク支援を掲げるが……
TeamsやZoomの「参加者が職場と自宅にいるとWeb会議しにくい」問題は解決するか?
主要なWeb会議ベンダーは機能強化により、オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」の実現を支援しようとしている。各社の努力は報われるのか。現場の声からは厳しい現実が見えてきた。(2021/9/24)

「Zoom」録画データの保存先はどこ?【前編】
「Zoom」の録画データをローカル保存する簡単な方法
「Zoom」のレコーディング機能で録画したデータは、ユーザーのローカルコンピュータかZoomのクラウドインフラか、いずれかの保存先を選択できる。ローカル保存する場合の手順と設定は。(2021/9/20)

「バーチャル背景」をビジネスに役立てる【後編】
ZoomじゃないWeb会議ツールでも「バーチャル背景」を使う方法
標準機能としてバーチャル背景が使えないWeb会議ツールもある。ベンダーごとの機能差を補ったり、さらに高度な機能を追加したりするには、サードパーティーツールを組み合わせる選択肢がある。(2021/8/24)

「CCaaS」への移行が進むコンタクトセンターシステム
Zoomが次は「コンタクトセンター」市場を席巻か Five9買収の深い意味
ZoomがFive9買収計画を発表したことで、コンタクトセンターシステム市場に「魅力的な巨大企業が誕生する」とアナリストは期待を寄せる。コンタクトセンターを持つ企業が求めるニーズに、この2社はどう応えるのか。(2021/8/23)

目的別「Web会議」ツール選びのポイント【第4回】
「対面会議」ではなくあえて「Web会議」を選ぶべき4つの用途
Web会議ツールは実地での会議と違い、どこからでも会議に参加できるメリットがある。Web会議ツールを生かせる4つの用途を説明する。(2021/8/18)

「Web会議疲れ」の解決策【後編】
“脱・Web会議依存”が重要な、これだけの理由
Web会議の依存度が高まるほどWeb会議疲れが生じやすくなる。この当たり前の問題を解決するためにも、多種多様なコミュニケーション手段を用意し、それぞれの長所短所を理解して使い分ける必要がある。(2022/2/7)

「バーチャル背景」をビジネスに役立てる【前編】
Zoomの「バーチャル背景」だけじゃない、仕事で使えるWeb会議カスタマイズ機能
Web会議ツールのカスタマイズ機能は「バーチャル背景」だけではない。主要なカスタマイズ機能と、それらをビジネスに役立てる可能性を探る。(2021/8/17)

「Web会議疲れ」の解決策【前編】
Zoomも「Web会議疲れ」を問題視 “あの機能”がストレス軽減に役立つ?
ベンダー各社が「Web会議疲れ」の対策に力を入れている。会議予定が過密になるのを防ぐ機能や、Web会議に起因する疎外感やプレッシャーを軽減する機能を併用することで、ストレス軽減に役立つ可能性がある。(2021/8/11)

目的別「Web会議」ツール選びのポイント【第3回】
Web会議ツールを「プレゼン」「オンライン講義」のしやすさで選ぶポイントとは
組織がプレゼンテーションやオンライン講義にWeb会議ツールを使う際、どのような視点で選定すればよいのか。失敗しない選定のポイントを紹介する。(2021/8/10)

目的別「Web会議」ツール選びのポイント【第2回】
Web会議ツールをコラボレーション視点で選ぶ 「Teams」などのUC製品が有利?
ニーズに適したWeb会議ツールを選ぶには、使用する目的を明確にした上で選定を進める必要がある。「コラボレーション」に適したWeb会議ツールの選び方を説明する。(2021/8/3)

BYODの導入と継続のためのヒント【後編】
「BYOD」を成功させたいなら最低限検討すべき3つの事項
BYODのデメリットを抑えながら、メリットを最大限に引き出すためには、どうすればよいのか。BYOD導入を成功させるための3つの検討事項を紹介する。(2021/8/3)

目的別「Web会議」ツール選びのポイント【第1回】
「Zoom」などの「Web会議」ツールの選び方 コミュニケーションに適した条件は
Web会議を実施する主な目的に「コミュニケーション」「コラボレーション」「プレゼンテーション」がある。中でもコミュニケーションに適したWeb会議ツールは、どのような観点で選べばよいのか。(2021/7/26)

Neatframe、Poly、Logitechなどが専用カメラを販売
「Zoom Rooms」の注目機能「Smart Gallery」とは? テレビ会議の盲点「会議室で隣同士の人を分割表示できない」問題を解消
1人の会議参加者を1つの枠に表示する――。テレワークで当たり前になったこの画面レイアウトを、会議室内の参加者に適用しようとすると途端に難しくなる。この見逃しがちな課題に対処しようとしているのがZoomだ。(2021/7/22)

BYODの導入と継続のためのヒント【中編】
「BYOD」を解禁しても使える私物端末を限定すべき“当然の理由”
BYODを解禁した企業が、従業員の全ての私物端末の業務利用を許可することは適切ではない。それはなぜなのか。BYODを始めるときの考慮点を整理する。(2021/7/21)

BYODの導入と継続のためのヒント【前編】
「BYOD=コスト削減手段」だと考えてはいけない“納得の理由”
「BYOD」をこれから始める企業や十分に準備をしないまま始めてしまった企業は、BYODのメリットを十分に引き出せない可能性がある。BYOD解禁を検討する際の考慮点を説明する。(2021/7/15)

私物スマートフォンを「鍵」にする
オフィス再開後に“非接触会議室”を作るなら考えたい「BYOD」3つの用途
オフィス勤務を再開してもソーシャルディスタンスの確保がまだ必要ならば、会議室の在り方を見直す必要がある。非接触型の会議室を構築する際、重要な役割を果たすのは私物スマートフォンだ。その理由は。(2021/6/29)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DRのクラウド対応も重複排除も1台で完結、中小企業やROBOに最適なデータ保護術
データの増加やアプリケーションの多様化により、データ保護の要件はますます高度化し、特に中小企業や、大企業のリモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)で、コストや運用面での課題が顕在化している。これを一挙に解消する製品とは?(2021/4/1)

COVID-19対策に「VDI」を使うメリットと注意点【後編】
「VDIでテレワーク」の見逃せない“落とし穴”とは
「VDI」製品は従業員のテレワークを支える有力な手段だが、万能薬ではない。導入や運用の際の注意点を説明する。(2021/2/17)

COVID-19対策に「VDI」を使うメリットと注意点【前編】
コロナ禍のテレワーク普及で「VDI」製品が売れる理由
COVID-19拡大を受け、テレワークのために「VDI」製品の導入を検討する企業が少なくないという。それはなぜなのか。VDI製品がテレワークにもたらすメリットを説明する。(2021/2/2)

建設会社が「DaaSでテレワーク推進」で得たこと【後編】
建設会社がDaaS選びで「自宅回線が遅くても快適」を重視した“切実な理由”
米国の建設会社Mead & Huntは、テレワーク推進の手段として「DaaS」を選定する際に何を重視したのか。その背景とは。同社CIOに聞く。(2021/1/25)

建設会社が「DaaSでテレワーク推進」で得たこと【前編】
テレワーク拡大で生産性は下がるどころか史上最高に――DaaS導入の建設会社CIO
「DaaS」を使ったテレワークを推進している米国の建設会社Mead & Hunt。テレワークによって「生産性は史上最高になる」と同社CIOは語る。その理由は。(2021/1/18)

業務用「ミニPC」とは【後編】
「ミニPC」を仕事用サーバとして使いたくなる用途とは?
外付けストレージの利用など設計における配慮を怠らず、用途を選べば、小規模拠点の業務用サーバとして「ミニPC」を使うことは可能だ。具体的にどのような使い方があるのだろうか。(2020/12/22)

業務用「ミニPC」とは【前編】
「ミニPC」は仕事用サーバに使えるのか? 超小型でも侮れない実力
幅10センチ余りの「ミニPC」は、特に設置スペースの狭い小規模拠点に適している。だが業務用サーバとして使えるのか。使えるとすれば、具体的にどのような用途に適するのか。(2020/12/14)