“脱Web会議ツール”後の「Zoom」は何のツールなのか?脱コラボレーションツール化するZoom【第2回】

Zoom Video Communicationsは、「Web会議ツールのベンダー」というイメージからの脱却に取り組んでいる。その一つがWorkvivoの買収だ。具体的な狙いを整理する。

2023年09月12日 05時15分 公開
[Cath EverettTechTarget]

 「Zoom」を単に“Web会議用のコミュニケーションツール”と捉えている企業は珍しくない。Zoom Video CommunicationsでEMEA(欧州、中東、アフリカ)地域の責任者を務めるフレデリック・マリス氏は、「10人のうち9人は、当社を『Web会議ツールのベンダー』だと考えている」と話し、そのイメージから脱却する必要があると指摘する。2023年4月、同社は組織内コミュニケーションを活性化するためのツール群を提供するWorkvivoを買収した。今後、Zoomは何のツールになるのか。

Zoomが目指す「脱Web会議ツール」

 Workvivoの強みは、従業員のコミュニケーションとエンゲージメント(組織との信頼関係)の分野にある。これを基にZoomを強化し、「Web会議ツールだけのベンダーから、優れたコラボレーションツール群のベンダーへと生まれ変わることを目標としている」とマリス氏は言う。

 Zoom Video Communications の創設者兼CEOのエリック・ヤン氏は2023年5月、2024年度第1四半期(2023年2〜4月)の決算発表で、今後の方針を語った。Workvivo買収の狙いは、「『オールインワンコラボレーション製品』を目指すZoomにWorkvivoの機能を取り込むことで、Zoomに変革をもたらすことにある」とヤン氏は述べた。従業員同士が情報を交換したり共有したりするために集う「ソーシャルイントラネット」と業務用のアプリケーションを1カ所にまとめる。これによって従業員同士がつながり、協力し合うコミュニティーという組織の心臓部を構築することが目的だ。

 マリス氏は、今後のZoom Video Communications にとっては2つの点が重要だと指摘する。1つ目は、さまざまな場所で働く従業員のエンゲージメントと生産性をどのように維持するか。2つ目は、従業員エクスペリエンス(業務における従業員の体験や経験)に可能な限り境界を設けず、シームレスな状態にするようにするにはどうすればよいかだ。これらの分野に注力する戦略の中に、Workvivoの買収があると同氏は説明する。


 第3回は、Zoomが単なる会議ツールから生まれ変わるために開発されたツール群を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。