プロゴルフのPGAツアーがファン体験や従業員体験をITで改善 その具体策は?PGAツアー幹部が語るIT戦略【中編】

ITを顧客体験や従業員体験の向上に生かすのが、米国男子プロゴルフの「PGAツアー」だ。具体的にどのようなITツールを活用しているのか。PGAツアーのファンエンゲージメント担当者に聞いた。

2022年12月27日 05時00分 公開
[Don FluckingerTechTarget]

関連キーワード

CMS | CRM | 顧客満足 | データ分析


 プロゴルフ競技団体のPGA TOUR(PGAツアー)は、モバイルアプリケーションやWebサイト、ソーシャルメディアからファンのデータを収集する上で、2022年秋にSAP傘下のQualtricsが提供するオンライン調査ツールを新たに導入した。これによりファンの感情、動機、要望を測定することは、PGAツアーの技術戦略の一つだ。

 他にもPGAツアーは、顧客や従業員の体験を改善するために、さまざまなITツールを活用している。PGAツアーのファンエンゲージメント担当バイスプレジデントのトラヴィス・トレンバス氏に、IT活用の戦略を聞いた。


PGAツアーのファン体験、従業員体験を改善するITツールとは?

―― ファン体験の向上に、Qualtricsをどのように生かしているのでしょうか。

トレンバス氏 オンライン、オフラインを問わず、私たちはより良い体験をファンに提供できるよう努力している。その際にQualtricsのオンライン調査ツールが大いに役立つ。

 私たちはこれまで、イベント後のファンアンケートを実施してきた。その方法は大会ごとに異なる。ファンコミュニティーを通じてもフィードバックを収集している。ただし現時点では、点と点を結んでファンの全体像を構築する方法がない。

 今後は、各チャネルにおけるファンのプロファイルを突合して、一人一人のフィードバックを個別に蓄積するつもりだ。うまくいけば、クロスチャネルの総合的なプロファイルで、「私のツアー体験はこうだった」と言えるようになるだろう。

―― 同様の仕組みは、従業員体験の向上にも生きているのでしょうか。

トレンバス氏 PGAツアーは歴史的に見ても従業員の定着率が高い。だが今は環境が違う。従業員からのフィードバックをしっかりと受け止めることが、私たちの責務だ。Qualtricsのオンライン調査ツールは、その方法をより厳密かつ体系的にするのに役立つ。

 私たちは年末に大規模なアンケートを実施するのではなく、毎月あるいは四半期ごとに少しずつフィードバックを収集する準備をしている。フィードバックを得ること自体を目的にするのではなく、フィードバックに基づいて行動するためだ。

―― 顧客体験の向上のために活用している、その他のITツールを教えてください。

トレンバス氏 AdobeやAmazon Web Services(AWS)のデータ分析ツールを活用している。フロントエンドやファン向けの技術など、デジタル体験の提供には、ほぼ全てAdobeのツールを役立てている。利用しているのはマーケティングオートメーション(MA)ツールの「Adobe Marketo Engage」、コンテンツ管理/デジタルアセット管理ツールの「Adobe Experience Manager」などだ。長期的には、Qualtricsのオンライン調査ツールでファン一人一人のフィードバックを収集し、プロファイルを作成した上で、Adobeのツール群を使ってパーソナライズされた体験をファンに提供することを目指している。


 後編は、PGAツアーの顧客データ活用戦略を整理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...