2022年12月28日 10時00分 公開
特集/連載

iOS 16公開を急いだか? 専門家が見る「Apple脆弱性“多発”のなぜ」またか「Appleが脆弱性修正」【後編】

「iOS 16」の重大な脆弱性「CVE-2022-42827」のパッチを公開したApple。CVE-2022-42827の他にも、Apple製品のさまざまな脆弱性が明らかになっている。背景には何があるのか。

[Alexander CulafiTechTarget]

関連キーワード

Apple | iOS | 脆弱性対策


 Appleが2022年10月にパッチ(修正プログラム)を公開した、モバイルOS「iOS 16」の重大な脆弱(ぜいじゃく)性「CVE-2022-42827」。攻撃者はCVE-2022-42827を悪用すれば、任意のプログラムを実行できるようになる。

 CVE-2022-42827の他にも、Apple製品の脆弱性が複数見つかっている。セキュリティ専門家は、Appleデバイスのリスクをどう見ているのか。

Appleは「iOS 16提供を優先してセキュリティ対策を後回しか」と専門家

 AppleはCVE-2022-42827のパッチと併せて、他にも複数の重大な脆弱性に対するパッチを提供した。セキュリティ専門家の間では「AppleはiOS 16の早期提供(2022年9月提供)を重んじ、セキュリティ対策を十分にしていないのではないか」との声が上がっていた。AppleはiOS 16のパッチ提供と同日に、クライアントOS「macOS Ventura」の脆弱性のパッチも公開した。

 セキュリティベンダーSophosはAppleの今回のパッチ提供を受け、パッチを早期に適用することを企業に推奨している。Sophosプリンシパルリサーチサイエンティストのポール・ダックリン氏は、CVE-2022-42827を悪用した攻撃の実施方法について「ダークWeb(通常の手段ではアクセスできないWebサイト群)で情報が出回っている」と指摘。「企業にとって攻撃のリスクが高まっている」と説明する。

 Appleは2022年3月にも、同社の複数製品のパッチを同時公開した。このところ同社製品の脆弱性が、相次いで明らかになっている。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...