ウクライナ政府組織幹部が語る「ロシアのサイバー攻撃が無秩序になった理由」ウクライナ政府の「対ロシア」セキュリティ対策【前編】

ウクライナ侵攻とともに、同国のインフラを狙ったロシアのサイバー攻撃も活発化した。ウクライナ政府のサイバーセキュリティ責任者は、状況をどう見ているのか。

2022年12月28日 10時00分 公開
[Shaun NicholsTechTarget]

 「電力網をはじめ、ウクライナのインフラに対するロシアのサイバー攻撃は、無秩序で場当たり的なものになっている」。そう語るのは、ウクライナ国家特殊通信・情報保護局(SSSCIP)副局長のビクトル・ゾラ氏だ。ゾラ氏はウクライナ政府のサイバーセキュリティ責任者として、ロシアからのサイバー攻撃への対処を率いている。ロシアのサイバー攻撃の変化をどう捉えているのか。

なぜロシアのサイバー攻撃が無秩序になったのか

 セキュリティおよび通信機器ベンダーBlackberryが2022年10月に開催したオンラインイベント「Blackberry Security Summit 2022」に、ゾラ氏は登壇。ウクライナのインフラを狙ったロシアのサイバー攻撃について「体系的なものではなくなった」と語り、「ウクライナは回復力を維持できている」と述べた。

 ウクライナ侵攻を受け、2022年3月、4月にはロシアがサイバー攻撃を集中的に実施していたとゾラ氏は説明する。それ以降は攻撃活動の主体とみられるロシア軍は統制が取れず、サイバー攻撃のはっきりした戦略が見えない状況が続いているという。そのため最近のロシアのサイバー攻撃は「場当たり的なものになった」と同氏はみる。

 セキュリティ専門家によると、ロシアのサイバー攻撃の大半は、ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)や、他の軍事機関や情報機関が実行している。ゾラ氏は「ロシアの軍事力が弱まるとともに、サイバー攻撃も弱まっている」との見方を示す。


 後編は、ウクライナを狙ったロシアのサイバー攻撃の歴史を見る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。