日韓W杯で活躍 “ドイツの闘将”オリバー・カーンCEOが語るバイエルンのIT戦略ITで世界中のサッカーファンを魅了するバイエルン【後編】

日韓W杯でも活躍した“伝説“のゴールキーパー、オリバー・カーン氏。FCバイエルン・ミュンヘンのCEOとなったカーン氏は、ファンとの結び付きを強めるためにITを積極的に活用するという。ITに対する同氏の考えとは。

2022年10月28日 10時00分 公開
[Brian McKennaTechTarget]

関連キーワード

CRM


 ドイツのサッカークラブFC Bayern Muenchen(FCバイエルン・ミュンヘン、以下バイエルン)は、ITを駆使して世界中のファンとの結び付きを強めようとしている。バイエルンのCEO、オリバー・カーン氏は「ITを使いこなす現在のファンは、クラブや選手との距離を縮める新たな方法を切望している」と説明する。カーン氏は同クラブの元ゴールキーパーであり、日本と韓国が共催したサッカーの世界選手権「2002 FIFA World Cup」でも活躍した。

“レジェンドGK”オリバー・カーンCEOはITをこう使う

 ITの活用によって「試合当日の興奮を世界中の何百万人もの熱狂的ファンに届け、持続的な交流を実現する」とカーン氏は意気込む。同氏によると、バイエルンはAdobe製品を中核に置き、長期的にIT投資を続ける。「ファンとクラブの関わり方をより深め、この先何年にもわたって次世代ファンを生み出していくためだ」(同氏)

 バイエルンはAdobeの文書業務ツール群「Adobe Document Cloud」も使用する。これには電子サインツール「Adobe Acrobat Sign」も含まれる。「ファン、従業員、パートナーとのコラボレーションをIT化することが目的だ」と同クラブは説明する。

 Adobeのデジタルエクスペリエンス事業部門代表を務めるアニール・チャクラヴァーシー氏は「バイエルンには世界中に何百万人ものファンがいる。そのようなファンの皆さんが今回の体験革命の中心になる」と語る。「当社とのパートナーシップによって、バイエルンはよりパーソナライズされた体験を実現することになる。これにより世界中のファンが、バイエルンの情熱や勇気をたたえられるようになる」(チャクラヴァーシー氏)

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...