ChatGPTのOSS代替「Open Assistant」とは? “ただの複製”ではない理由“Stable Diffusionの衝撃”を「言語」で再現

AI技術を活用したチャットbot「ChatGPT」の代替を狙う動きが現れている。有力株が、LAIONが開発を主導する「Open Assistant」だ。オープンソースソフトウェアとして登場したOpen Assistantとは、何者なのか。

2023年01月31日 19時15分 公開
[Adrian BridgwaterTechTarget]

関連キーワード

コミュニケーション


 オープンソースソフトウェア(OSS)の「Open Assistant」は、ビジネスユーザーおよび開発者向けの「ChatGPT」の代替を狙う。ChatGPTは、人工知能(AI)ベンダーOpenAIが開発した、自然なやりとりをするチャットbotだ。

「Open Assistant」とは? “OSS版ChatGPT”で終わらない訳

 「Open Assistantによって、言語におけるイノベーションを生み出したい」と、Open Assistantの開発チームは考えている。具体的には自然言語を使って、人とコンピュータのスムーズな対話の実現を目指す。2022年に登場したAIシステム「Stable Diffusion」は、テキストからアートを生み出すことを可能にした。開発チームは、これと同様のイノベーションを実現したいのだという。

 非営利団体LAION(Large-scale Artificial Intelligence Open Network)が、Open Assistantの開発を主導する。LAIONは、機械学習の研究を自由化するためのデータ群や機械学習モデルなどを提供している。Open Assistantは、主に「Python」「TypeScript」、一部は「JavaScript」といったプログラミング言語で構築されている。

 「Open AssistantをChatGPTの複製にとどめるつもりはない」と、Open Assistantの開発チームは強調する。メールやビジネスレターを書くだけではなく「有意義な仕事をし、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を使い、情報を動的に調査し、さらに誰もがパーソナライズして拡張できる“未来のAIアシスタント”を作ること」が、開発チームの目標だ。

 Open Assistantの開発チームは、こうした目標を「オープンでアクセスしやすい方法で実現したい」と考えている。具体的には、コンシューマー向けハードウェアでの動作が可能な、あまり大掛かりではないシステムにとどめながら、Open Assistantを進化させるという。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。