2023年06月04日 21時45分 公開
特集/連載

コールセンターが急に「コンタクトセンター」と呼ばれるようになったのはなぜ?次世代コンタクトセンターの主役は「AI」【前編】

「コンタクトセンター」は新しい技術を取り入れながら、進化を続けてきた。コンタクトセンターはどのように変化してきたのか。これまでの歴史を技術的な観点で振り返る。

[Michaela GossTechTarget]

 従来の電話に加えて、チャットbotやクラウド技術を導入するなど、顧客からの問い合わせ受け付けを担う「コンタクトセンター」は大きく変容してきた。そして今日の人工知能(AI)、特に「ジェネレーティブAI」(生成AI:テキストや画像などを自動生成するAI技術)の目覚ましい革新は、コンタクトセンターのさらなる変化を暗示している。

 コンタクトセンターは、その時代を席巻した技術を取り入れて進歩してきた。

コールセンターはこうして「コンタクトセンター」へ――歴史を振り返る

 顧客から企業への手紙を電話が代替し、コールセンターが生まれた。次にメールが登場し、顧客が企業とコンタクトを取るための新たなチャネルとなった。さらにチャットbotを含むセルフサービスシステムが生まれ、アクセス手段はマルチチャネル化した。

 電話以外のチャネルを提供するようになったコールセンターは、コンタクトセンターへと変貌。複数のチャネルを持つことで、企業はより豊富な、さまざまなタイプの顧客データを得ることができるようになった。

 コンタクトセンターは、顧客が異なるチャネルで、どのようにコミュニケーションを取るのかを明らかにした。人のエージェント(一次窓口担当者)を相手にした場合と、チャットbotを相手にした場合で、対話内容に違いがあるといったことも分かってきた。

 2000年代後半にはクラウドサービスが急速に普及。CX(カスタマーエクスペリエンス)ベンダー各社は、コンタクトセンターシステムのクラウドサービス「CCaaS」(Contact Center as a Service)を展開するようになる。

 次の大きな技術革新はAI技術だ。AIベンダーOpenAIが2022年11月に公開したAIチャットbot「ChatGPT」は、生成AIへの企業や消費者の関心を急速に高めている。生成AIはテキストや画像に加えて、音声さえも生成できるAI技術だ。生成AIが技術に与える影響は、すでにコンタクトセンターの未来にも影響し始めている。


 次回は、AI技術がコンタクトセンターに与える影響を深掘りする。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広...

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...