PCが「全然売れなくなった」のはなぜ? 次に売れる日はPCはどれくらい「売れていない」のか【第1回】

世界のPC出荷台数が減少している。下落幅はどの程度なのか。なぜ出荷台数が伸びないのか。再び売れるようになるのは、いつなのか。調査会社のデータから考える。

2023年05月31日 07時15分 公開

関連キーワード

人工知能 | Apple | ビジネスPC


 調査会社IDCによると、2023年第1四半期(1月〜3月)の世界PC出荷台数は、法人市場、コンシューマー市場共に大幅減少した。実際、どのくらい減ったのか。PCの出荷台数が伸びない背景には、何があるのか。

だから「やっぱりPCは売れない」

 IDCの調べでは、2023年第1四半期の世界PC出荷台数は、前年同期比29.0%減の5690万台だった。世界各国ではインフレーション(継続的な物価上昇)、米国に関して言えば米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げによって景気後退の懸念が高まり、PC販売に悪影響を与えたとIDCはみる。

 PC販売不振の背景には、企業やコンシューマーがパンデミック中にPCを積極的に買い替えたことがある。そのため「当分の間、買い替え需要はない」とリース氏は言い切る。

 IDCのモバイルコンシューマーデバイス担当マネジャー、ジテシュ・ウブラニ氏によると、PCの在庫状況は2023年第1四半期に、販売業者や再販業者の間では多少の改善が見られた。とはいえ在庫期間は、平均である約6週間を大きく上回っているという。在庫が膨らむ状況は、今後大幅な値引きがあったとしても、2024年半ばまで続く可能性があるとウブラニ氏は説明する。


 次回は主要PCベンダーについて、PC出荷台数の落ち込み状況を詳しく見る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。