過去記事一覧 (2022 年)

7 月

/tt/news/2207/07/news02.jpg
ITを使って「顧客忠誠度」を高める【後編】

愛され続ける企業が「良い商品を作る」よりも重視する“単純なこと”

顧客との良い関係性を築くために重要なのは、「顧客にとって価値のある企業」であり続けることだ。価値ある存在であり続け、顧客の再来を目指すために企業ができることは。

6 月

/tt/news/2206/30/news04.jpg
ITを使って「顧客忠誠度」を高める【中編】

Salesforce、Microsoftも注力 顧客の“リピートしたい気持ち”を育むツールとは?

顧客忠誠度を高め、顧客のリピート率を向上させるために役立つ施策やツールは幾つかある。その中から「顧客行動の分析」「顧客フィードバックの活用」「忠誠度プログラム」を紹介する。

/tt/news/2206/23/news10.jpg
ITを使って「顧客忠誠度」を高める【前編】

新規開拓より高コスパ リピーターを賢く増やす「顧客忠誠度」の高め方

リピート顧客は新規顧客に比べて販売コストが低く、売上高が予測しやすい。顧客の再来を促すには、企業やブランドへの愛着や忠誠心を示す「顧客忠誠度」を高めることが重要だ。そのためには何ができるのか。

/tt/news/2206/22/news09.jpg
GM、McDonald's、Targetのデジタルマーケティング戦略【中編】

マクドナルドがBTSとコラボした“深い理由”

デジタルチャネルの充実は、企業のマーケティング方針を大きく変え始めている。McDonald'sが進めたアーティストとのコラボレーションも、こうした変化を意識した取り組みだという。どういうことなのか。

/tt/news/2206/21/news10.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

データサイエンスの初心者が“プロ並み”に 「Tableau」新機能は何がすごい?

Tableauは、BI分析ツールのクラウドサービスや新機能を発表した。専門知識を持たない人でもデータ分析を利用し、ビジネスに役立てることができるようになるという。どのような機能なのか。

/tt/news/2206/09/news08.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

「Tableau CRM」を「CRM Analytics」に改称したSalesforceの狙い

Salesforceは「Einstein Analytics」や「Tableau CRM」などの名称で提供してきた分析ツールを改称。それに伴い、Slackとの連携などの新機能を追加する。

/tt/news/2206/08/news01.jpg
「Zoom IQ」の存在意義【後編】

Zoomはなぜ「Zoom IQ」を生み出したのか? “Zoom離れ”対策か

Zoom Video Communicationsが「Zoom IQ」の提供を決断した背景には、同社のビジネスを左右する“ある状況”がある。それは何なのか。Zoom IQは同社にとって、どのような意味を持つのか。

/tt/news/2206/06/news12.jpg
GM、McDonald's、Targetのデジタルマーケティング戦略【前編】

ネット時代の“なんちゃって専門家”にどう対処? 自動車大手GMが直面する課題

インターネットの普及は、デジタルチャネルを活性化させるだけでなく、さまざまなチャネルにおいて消費者の購買行動を変え始めている。自動車大手General Motorsが直面している変化とは。

/tt/news/2206/02/news06.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

Salesforceによるマーケティングと顧客サポートの新機能は何がすごい?

Salesforceは、カスタマーサポートツールとMA(マーケティング自動化)ツールの新機能を発表した。GoogleとGenesysの提携によるデータの統合や、機械学習を活用した機能とは。

5 月

/tt/news/2205/18/news10.jpg
「Zoom IQ」の存在意義【前編】

「Zoom IQ」とは? 嫌われる営業トークの“あの癖”をAIが指摘

営業チーム向けツールの「Zoom IQ」は、Web会議の会話から商談内容と見込み客の反応を分析し、成約締結とプレゼンテーションスキルの向上を支援するツールだ。具体的な機能は。

/tt/news/2205/11/news05.jpg
サードパーティーcookieの後継者【後編】

“脱サードパーティーcookie”を実現する「ターゲティング広告」3大手段

「Chrome」などの主要Webブラウザがサードパーティーcookieの利用を停止することを受け、企業はターゲティング広告を実現する手段を再考しなければいけなくなった。代替となる3つの手段とは何か。

/tt/news/2205/04/news01.jpg
サードパーティーcookieの後継者【中編】

サードパーティーcookieが使えないと「ターゲティング広告」はできないのか

ターゲティング広告の手段として普及しているサードパーティーcookieは、プライバシーの観点から利用不可になりつつある。ターゲティング広告に必要な情報を入手するために、企業は何を活用すればよいのか。

4 月

/tt/news/2204/27/news09.jpg
サードパーティーcookieの後継者【前編】

いまさら聞けない「サードパーティーcookie」の機能 何に役立つのか?

広告業界が、サードパーティーcookieの利用廃止に向き合わなければいけない時が来た。代替手段を考える上で、サードパーティーcookieが果たす役割をあらためて確認しよう。

/tt/news/2204/25/news07.jpg
Forresterが予測する「これからのB2Bマーケティング」【後編】

コロナ禍で「フリーランスのマーケター」が大人気に?

B2B(企業間取引)マーケティングは、今後どう動くのか。Forrester Researchのアナリストに、マーケターの雇用市場におけるトレンドを聞いた。

/tt/news/2204/21/news06.jpg
コロナ禍のホリデーショッピングを支えた技術【後編】

Eコマースと実店舗の売り上げを左右する要因とは?

ホリデーシーズンにおけるデジタルチャネルおよび実店舗の売り上げには、さまざまな要因が影響している。何が売り上げを左右するのか。

/tt/news/2204/12/news08.jpg
コロナ禍のホリデーショッピングを支えた技術【前編】

実店舗にはコロナ禍前のにぎわいはもう戻らないのか?

実店舗への人の流れは回復傾向にあるが、まだパンデミック前の水準には回復していない。今日のショッピングのトレンドには、さまざまな要因が絡む。

/tt/news/2204/11/news07.jpg
Forresterが予測する「これからのB2Bマーケティング」【前編】

B2Bマーケティングで「パーソナライズ」がいまひとつ役に立っていない理由

Forrester Researchのアナリストによると、B2Bマーケティングではパーソナライゼーションへの投資が報われていない。その理由とは何なのか。

/tt/news/2204/07/news13.jpg
マーケティングチャネルとしての存在感を増す音声SNS

Amazon版Clubhouse「Amp」の本命用途は遊びじゃなくて“あの用途”

Amazonは北米で音声SNS「Amp」のβ版を提供開始した。「Clubhouse」や「Twitter Spaces」など、音声SNSは企業の新たなマーケティングチャネルとなりつつある。アナリストが注目するAmpの用途は。

3 月

/tt/news/2203/31/news05.jpg
Webサイトの「エコ基準」【後編】

「1クリック分のCO2排出量」を減らすことがとても大事な理由

「Webサイトを含めあらゆるデータの背後には、それをホストするサーバがあり、膨大な量の二酸化炭素を排出している」と専門家は指摘する。現実的な「インターネットの省エネ化」とは。

/tt/news/2203/29/news02.jpg
NFTをめぐる知財訴訟【後編】

「NFTによる知財侵害」を訴えたエルメスとナイキ、それぞれの主張

高級ファッションのHermesやスポーツ用品のNikeなどが、非代替性トークン(NFT:Non Fungible Token)による権利侵害を争点に訴訟を起こした。両者の主張とは。

/tt/news/2203/25/news04.jpg
iPhoneを「手放せない道具」に変えるAppleの戦略【後編】

Appleの「Tap to Pay」が「Square」の脅威に? 投資家が混乱の訳

Appleが「iPhone」を決済端末に変える「Tap to Pay」を発表した後、市場では「Block(旧Square)の脅威になるのではないか」との反応が広がった。それはなぜなのか。

/tt/news/2203/24/news07.jpg
Webサイトの「エコ基準」【前編】

「画像だらけで重いWebサイト」は認めない 環境保護団体EFWAの認定制度とは

英国の環境保護団体Eco-Friendly Web Alliance(EFWA)は、2030年までに新たに排出される二酸化炭素量を50万トン削減することを目指し、「環境に優しいWebサイト」の認定制度を開始した。これはどういうものなのか。

/tt/news/2203/22/news04.jpg
NFTをめぐる知財訴訟【中編】

「NFT」が引き起こす知財問題 企業に立ちはだかる「法的な曖昧さ」の影響は

活用が広がりつつある「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)。一方で企業が無視できない課題として、NFTによる権利侵害がある。法律専門家は問題の核心をどう見るか。

/tt/news/2203/18/news10.jpg
iPhoneを「手放せない道具」に変えるAppleの戦略【前編】

iPhoneを“店舗決済端末”に変える「Tap to Pay」とは?

「iPhone」を決済端末に変える「Tap to Pay」が登場し、2022年春にはオンライン決済「Stripe」で利用可能になる見込みだ。そもそもTap to Payとは何なのか。

/tt/news/2203/15/news09.jpg
NFTをめぐる知財訴訟【前編】

NFTとは? 400億ドル規模に急成長、知財重視の企業には懸念も

「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)の市場が盛り上がりを見せている。一方で法律専門家は、知的財産権や著作権、商標権に関する法整備が追い付いていないことを危惧する。

/tt/news/2203/11/news11.jpg
パンデミック後のCX【後編】

SNSを生かした顧客コミュニケーション 成功業界の「うまいやり方」とは?

SNSで顧客とのつながりを維持することは重要だが、問題解決に時間がかかることは好ましくない。SNSでのコミュニケーションを手際よく効率的に進めている業界と、そうでない業界の違いとは。

/tt/news/2203/04/news07.jpg
パンデミック後のCX【前編】

“待てない消費者”をどう満足させるか 「CX」の勝ち組企業になる条件

顧客エンゲージメントを高めるためには、消費者が企業に何を求めているのかを知ることが近道だ。調査結果からは、消費者の厳しい評価基準が見えてきた。

2 月

/tt/news/2202/17/news10.jpg
マルチチャネルマーケティングの実例5選【第6回】

アンダーアーマーが実践する“売ろうとせず、買いたくさせる”CX設計

直接的に購入を促すだけでなく、さまざまなメッセージでブランドの魅力を伝えることが、結果としてより強く顧客の関心を呼ぶことがある。こうしたエンゲージメントの深化に挑むアンダーアーマーから学ぶべきことは。

/tt/news/2202/10/news11.jpg
マルチチャネルマーケティングの実例5選【第5回】

ホームセンター大手が売り上げ増加に生かす「CX」向上施策とは?

従来型店舗とEコマースの融合でCXを向上させ、売り上げの増加を狙うHome Depot。DIY計画の策定支援から材料、工具の購入まで、顧客に寄り添った情報提供に注力する同社の取り組みとは。

/tt/news/2202/08/news09.jpg
「店舗廃止は社会的損失」との批判も

支店を閉じる銀行、黒字化するチャレンジャーバンク ネットバンク移行は必然か

英国のLloyds Banking Groupは、支店の利用頻度低下を理由に支店ネットワークを縮小する。コロナ禍の影響から、欧州全域でオンラインバンキングに注力する流れが加速しているが、顧客からは批判も挙がっている。

/tt/news/2202/06/news01.jpg
「Avaya OneCloud CCaaS」を利用

「サンタは今どこ」にどう答える? サンタ追跡「NORAD Tracks Santa」の裏側

世界中の子どもからの「サンタは今どこにいるのか」の問いに答える「NORAD Tracks Santa」。どのような仕組みでサンタを追跡し、問い合わせに対処しているのか。コロナ禍での実現に向けた取り組みとは。

1 月

/tt/news/2201/21/news10.jpg
マルチチャネルマーケティングの実例5選【第4回】

Apple Storeが「ショールーミング」の場に 愛されるブランドのCX設計とは?

製品確認の場として実店舗を使う「ショールーミング」。その機会を積極的に提供しようとしているのがAppleだ。デジタルチャネルと実店舗を巧みに生かす、同社のマルチチャネルマーケティングの実態を探る。

/tt/news/2101/18/news13.jpg
「エクスペリエンスマネジメント」を強化するマンチェスター・シティFC【後編】

マンチェスター・シティFCが挑む「エクスペリエンスマネジメント」とは何か

イングランドの強豪プロサッカークラブであるマンチェスター・シティFCが、「エクスペリエンスマネジメント」のためにQualtricsと提携する。その内容とは。

/tt/news/2201/14/news09.jpg
マルチチャネルマーケティングの実例5選【第3回】

大手ドラッグストアが実践 「デジタル」と「リアル」の境界線をなくす方法

チャネルをどれだけ多様化させても、それぞれが独立したままでは、顧客に統一感のある体験を提供するのは難しい。マルチチャネルの真価を引き出そうとする、大手ドラッグストアCVS Healthの取り組みを紹介しよう。

/tt/news/2201/07/news12.jpg
マルチチャネルマーケティングの実例5選【第2回】

「民泊」ブームに乗った貸別荘ビジネス 成功の鍵は?

コミュニケーション手段が多様化する中、企業は顧客に一貫したメッセージを届けるため、複数チャネルの使い分けが必要だ。デジタル化の進展により生まれた「民泊」など新興市場では、そうした戦略がより重要になる。

/tt/news/2201/06/news02.jpg
テレワークのオペレーター養成のポイント【後編】

コンタクトセンターのリモート研修、成功に導く7つのヒント

コロナ禍を背景に、コンタクトセンターの管理者はエージェントにリモートで仕事を教える方法を習得しなければならなくなった。リモート研修を成功させるヒントを7つ紹介する。