2019年12月27日 05時00分 公開
特集/連載

「CRM」「CDP」「DMP」の役割の違いを知る営業・マーケティングの効率化に向けて

営業・マーケティング用語は、略語だらけで分かりにくい。「CRM」「CDP」「DMP」の違いを理解しよう。

[Scott Robinson,TechTarget]

関連キーワード

CRM


 営業・マーケティングソフトウェアは、さまざまな略語で呼ばれるものが多く、それぞれの略語の意味は覚えにくい。「CRM」「CDP」「DMP」の違いを詳しく見てみよう。

CRM(顧客関係管理)

 CRMは、この3つの用語の中で最もよく知られている。CRM製品は、企業とその顧客、サプライヤー、サービスプロバイダーとの関係にフォーカスしたソフトウェアやデータ管理ツールを指す。CRM製品により、営業やマーケティングの担当者だけでなく、サプライチェーン管理から人事まで、全てのビジネス部門が顧客を一元的に把握できる。

CDP(顧客データプラットフォーム)

 同じ「C」(Customer:顧客)で始まる略語だが、CDP製品はCRM製品とは全く機能が異なる。CDP製品の中核要素は、顧客の属性や行動データをまとめたデータベースだ。CDP製品はこれらのデータを分析し、どの顧客がどの商品やサービスを、どのような状況で、どのような動機付けで購入するかを予測する。

DMP(データマネジメントプラットフォーム)

 DMP製品はCRM製品と同様、購入者を追跡してターゲットとする。ただし追跡対象は顧客であるかどうかを問わない。キャンペーンの立案のために、企業のデジタルメディア商品に関するビジネスインテリジェンス(BI)データを収集する。

CRM、CDP、DMPの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。