2019年12月27日 05時00分 公開
特集/連載

営業・マーケティングの効率化に向けて「CRM」「CDP」「DMP」の役割の違いを知る

営業・マーケティング用語は、略語だらけで分かりにくい。「CRM」「CDP」「DMP」の違いを理解しよう。

[Scott Robinson,TechTarget]

関連キーワード

CRM


 営業・マーケティングソフトウェアは、さまざまな略語で呼ばれるものが多く、それぞれの略語の意味は覚えにくい。「CRM」「CDP」「DMP」の違いを詳しく見てみよう。

CRM(顧客関係管理)

 CRMは、この3つの用語の中で最もよく知られている。CRM製品は、企業とその顧客、サプライヤー、サービスプロバイダーとの関係にフォーカスしたソフトウェアやデータ管理ツールを指す。CRM製品により、営業やマーケティングの担当者だけでなく、サプライチェーン管理から人事まで、全てのビジネス部門が顧客を一元的に把握できる。

CDP(顧客データプラットフォーム)

 同じ「C」(Customer:顧客)で始まる略語だが、CDP製品はCRM製品とは全く機能が異なる。CDP製品の中核要素は、顧客の属性や行動データをまとめたデータベースだ。CDP製品はこれらのデータを分析し、どの顧客がどの商品やサービスを、どのような状況で、どのような動機付けで購入するかを予測する。

DMP(データマネジメントプラットフォーム)

 DMP製品はCRM製品と同様、購入者を追跡してターゲットとする。ただし追跡対象は顧客であるかどうかを問わない。キャンペーンの立案のために、企業のデジタルメディア商品に関するビジネスインテリジェンス(BI)データを収集する。

CRM、CDP、DMPの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...

news025.jpg

SNSマーケティングの「中と外」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにして不定期で...

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...