GoogleのAIが指南する最先端デジタルマーケティング 「キスの仕方」動画もUnileverが実践

「Google Cloud Vision API」「Google Natural Language API」などの「Google Cloud」サービスを使用することで、Unileverはソーシャルメディアで個人向けにカスタマイズした革新的なマーケティングキャンペーンを展開している。

2019年10月21日 05時00分 公開
[Mark LabbeTechTarget]

関連キーワード

CRM | データ分析 | マーケティング


画像

 複数の国で数十億ドル規模の事業を展開する一般消費財メーカーのUnileverは多くの広告宣伝を行っている。

 スキンケア製品「Dove」、紅茶「Lipton」、男性用化粧品「Axe」、アイスクリーム「Ben&Jerry's」など400以上のブランドを抱えるUnileverは、消費者とソーシャルメディアのデータを定期的に処理して、顧客に対する理解を深め、個人向けにカスタマイズしたマーケティングキャンペーンを展開している。

 キャンペーンの効果を上げるため、Unileverは「Google Cloud Platform」のAPIを頼みの綱として、マーケティングに自然言語処理と人工知能(AI)を活用するようになった。

Google Cloud Vision APIとGoogle Natural Language API

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。