2019年10月21日 05時00分 公開
特集/連載

Unileverが実践GoogleのAIが指南する最先端デジタルマーケティング 「キスの仕方」動画も

「Google Cloud Vision API」「Google Natural Language API」などの「Google Cloud」サービスを使用することで、Unileverはソーシャルメディアで個人向けにカスタマイズした革新的なマーケティングキャンペーンを展開している。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

CRM | データ分析 | マーケティング


画像

 複数の国で数十億ドル規模の事業を展開する一般消費財メーカーのUnileverは多くの広告宣伝を行っている。

 スキンケア製品「Dove」、紅茶「Lipton」、男性用化粧品「Axe」、アイスクリーム「Ben&Jerry's」など400以上のブランドを抱えるUnileverは、消費者とソーシャルメディアのデータを定期的に処理して、顧客に対する理解を深め、個人向けにカスタマイズしたマーケティングキャンペーンを展開している。

 キャンペーンの効果を上げるため、Unileverは「Google Cloud Platform」のAPIを頼みの綱として、マーケティングに自然言語処理と人工知能(AI)を活用するようになった。

Google Cloud Vision APIとGoogle Natural Language API

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。