2019年10月21日 05時00分 公開
特集/連載

Unileverが実践GoogleのAIが指南する最先端デジタルマーケティング 「キスの仕方」動画も

「Google Cloud Vision API」「Google Natural Language API」などの「Google Cloud」サービスを使用することで、Unileverはソーシャルメディアで個人向けにカスタマイズした革新的なマーケティングキャンペーンを展開している。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

CRM | データ分析 | マーケティング


画像

 複数の国で数十億ドル規模の事業を展開する一般消費財メーカーのUnileverは多くの広告宣伝を行っている。

 スキンケア製品「Dove」、紅茶「Lipton」、男性用化粧品「Axe」、アイスクリーム「Ben&Jerry's」など400以上のブランドを抱えるUnileverは、消費者とソーシャルメディアのデータを定期的に処理して、顧客に対する理解を深め、個人向けにカスタマイズしたマーケティングキャンペーンを展開している。

 キャンペーンの効果を上げるため、Unileverは「Google Cloud Platform」のAPIを頼みの綱として、マーケティングに自然言語処理と人工知能(AI)を活用するようになった。

Google Cloud Vision APIとGoogle Natural Language API

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...