「AI」と「IoT」の相乗効果【前編】
AI×IoTの融合技術「AIoT」とは? 製造業も成果を上げるその仕組み
AI技術をIoTに取り入れる「AIoT」の活用は、各業界で広がりつつある。まずはAIoTの基本的な仕組みとともに、製造業における活用例を紹介する。(2021/7/21)

TechTarget発 世界のITニュース
Googleが3つのデータ分析支援ツールを発表 分析プロセスの何を変えるのか?
Googleは同社のクラウドサービス群「Google Cloud Platform」で利用できる3つのデータ分析関連ツールを発表した。その詳細は。(2021/7/9)

「セルフサービスツール」を改善する方法【前編】
企業が「セルフサービスツール」を改善したくなる4つの原動力とは
インターネットで製品の情報を集める消費者に、企業はどのように情報を提供すればよいか。その方法の1つに「セルフサービスツール」がある。セルフサービスツールをより使いやすく改善する方法を説明する。(2021/7/8)

「Digital Trends 2021年版」を読む
調査で判明 顧客のデジタルシフトに企業が追い付くには、何をすべきか
2020年の困難を耐えた企業が2021年にビジネスを成長させるために必須になるのが、顧客とのより強固な関係構築だ。そのために企業は何をすべきなのか。アドビの「Digital Trends 2021年版」からヒントを探る。(2021/7/6)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第4回】
ファーストパーティーデータ強化で“脱サードパーティーcookie”する5つの方法
サードパーティーcookie廃止に備え、IT部門はデータ管理を見直しつつファーストパーティーデータを増強する必要がある。具体的に考えられる5つの方法を紹介する。(2021/7/1)

クラウドニュースフラッシュ
LIXILが「AWS」でも「Azure」でもなく「GCP」を選んだ“あの理由”
北國銀行における「Microsoft Azure」導入の事例やLIXILの「Google Cloud Platform」採用など、クラウドに関するニュースを6つ紹介する。(2021/6/30)

「成功する」ビッグデータ活用の取説【前編】
ビッグデータの価値は量ではなく「正しい意思決定」 引き出す方法は?
ビッグデータをビジネスの意思決定に生かすには、必要なデータを効果的に収集する仕組みが不可欠だ。ビッグデータ活用を失敗させないために、まずどのような点から着手すればいいのか。(2021/6/29)

「iPhone」の新しいプライバシー設定がもたらす影響【後編】
iOS新プライバシーは「Apple広告優遇のため」とFacebookが懸念 Appleの見解は
「iOS 14.5」の新しいプライバシー保護設定に、Facebookが懸念を示している。それはなぜなのか。その懸念は妥当なのか。Appleの言い分も踏まえて考える。(2021/6/28)

「SEOを考えたツール命名」はどのくらい重要か【前編】
名付けに「SEO」が必要な“納得の理由” なぜFluentdの「d」はそこにあるのか
「Fluentd」の名前は、以前は「Fluent」だった。なぜ「d」が付いたのか。その背景には検索エンジンの存在があった。Fluentd命名のいきさつを背景に、ツール命名におけるSEOの重要性を解説する。(2021/6/26)

ソフトウェア開発だけじゃない「アジャイル」活用【前編】
ビジネスリーダーが「アジャイル」を生かす組織づくり 最初にすべきこととは?
マーケティング戦略の立案やCX向上などさまざまなビジネス活動に、アジャイルの考え方を生かすことができる。その推進役となるアジャイルチームを効果的に編成する方法とは。(2021/6/24)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第3回】
“脱サードパーティーcookie”に向けてIT部門が準備すべき2つのこと
サードパーティーcookieの廃止をスムーズに進めるために、IT部門はどのような準備をすればよいのか。主要な2点を説明する。(2021/6/24)

「iPhone」の新しいプライバシー設定がもたらす影響【前編】
「iOS 14.5」のプライバシー保護設定で広告売り上げ減を懸念する中小企業の本音
Appleが「iOS 14.5」から搭載した新しいプライバシー保護設定は、広告売り上げをビジネスの軸にしている中小企業に大きな影響を与える可能性がある。どのような問題が起こるのか。幾つかの企業の声から探る。(2021/6/21)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第2回】
個人を特定しない「コンテキスト広告」はどこまで使えるか?
サードパーティーcookieに代わる、デジタル広告のための新しい手段には何があるのか。現在考えられる主な手段のうち、「匿名セグメントによるターゲティング」「個人を特定しないターゲティング」を紹介する。(2021/6/17)

「SASE」の3大実装パターン【後編】
SASEの本命は「ネイティブSASE」か? “SD-WANだけ”の製品にはない魅力
GartnerによるSASEの提唱を受けてベンダー各社が生み出したのが「ネイティブSASE」だ。既存製品の寄せ集めとは何が違うのか。(2021/6/16)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第1回】
“脱サードパーティーcookie”でデジタル広告はどう変わる?
サードパーティーcookieの使用を禁止する動きが始まった。競争力を維持したい企業は、顧客を識別するための新しく強力な手段の検討を迫られている。(2021/6/10)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
コスパ重視で逆にコストが増大? 事例で学ぶストレージ選びの落とし穴と回避策
コストはストレージ選定のポイントの1つだが、それのみに着目すると思わぬ落とし穴に陥る場合もある。物理サーバやストレージのダウンタイムを解消すべくストレージを刷新したABC Photosignsの事例を基に、IT資産を合理化する秘訣を探る。(2021/6/7)

顧客の心をつかむ7つの方法【第3回】
「MAツール」「共感マップ」とは? 顧客との関係改善に効く2大ツール
企業が顧客との関係改善に利用できる手段はさまざまだ。その中から「MAツール」「共感マップ」という2つのツールを紹介する。(2021/5/31)

「RPA」と「AI」の違い【後編】
RPA×AIの「ハイパーオートメーション」で“人間が働かない世界”実現か
RPAとAI技術が連携することで、意思決定プロセスの大部分も自動化でき、人間が介在しなくても業務プロセスが進むようになる。この「完全な自動化」の達成までは長い道のりになるが、市場には追い風が吹いている。(2021/5/28)

製品や技術を世に広める
“陽キャ”なプロ開発者「デベロッパーアドボケート」とは? 転身できる4条件
コーディングが好きで、ITに関する知識を誰かに伝えたいと思っている人は「デベロッパーアドボケート」の適正がある。どのような役割を持ち、どのような人が向いているのか。(2021/5/22)

「ジャパンミラクル」を生んだ視点
元ネスレ日本の高岡氏が語る、中小企業がイノベーションを起こす方法
ネスレ日本社長に就任後、数々のプロジェクトを成功に導いてきた高岡浩三氏は、2020年に同社を退社した後、日本企業のイノベーション支援に尽力している。高岡氏が語る、日本企業がイノベーションを起こすために取り組むべきこととは。(2021/5/24)

医療機関のリアルタイムCX【後編】
医療機関が患者に“本当の満足”をもたらす「リアルタイムCX」の具体策
医療機関にとって「リアルタイムCX」の実現は高いハードルだが、今からでも少しずつ始められることはある。何をすればよいのか。具体例を挙げながら、実現に向けて取り組むべきアクションを説明する。(2021/5/20)

顧客の心をつかむ7つの方法【第1回】
顧客を“知り尽くす”方法とは? 「常連客の心地よさ」を生む具体策
企業は顧客とのつながりの構築を最優先する必要がある。その最初のステップは、顧客を知ることだ。具体的にはどうすればよいのか。(2021/5/17)

革新的な技術は魅力的だが……
LGがスマホ事業撤退を選んだ「中国の台頭」「コロナ禍」以上に残念な理由
スマートフォン事業からの撤退を決めたLG Electronics。実験的な製品を市場投入していた同社の撤退は、ライバルの台頭やコロナ禍が引き金になったことは確かだ。だが原因は本当に環境要因だけなのか。(2021/5/15)

「RPA」と「AI」の違い【中編】
「AI」活用は何がうれしく、何が厄介なのか? 「RPA」との比較で考える
「RPA」製品によってビジネスプロセスの大部分を自動化すると、どこかで必ず「意思決定の自動化」という難所にぶつかる。「AI」システムはこの壁を突破する鍵になる。ただしその効果を引き出すのは容易ではない。(2021/5/14)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第4回】
「RPA」を長く使うなら無視してはいけない“長期的なデメリット”とは
「RPA」は効率性の向上に寄与し、短期的には良い影響をもたらす。ただし長く使うほどにデメリットも顕在化する。主要なデメリットを整理する。(2021/5/11)

TechTarget発 世界のITニュース
Tableauの現CEOが古巣AWSの次期CEOへ 期待される手腕は
AWSはアンディ・ ジャシー氏の後任として、Tableau Softwareの現CEO、アダム・セリプスキー氏を迎え入れる。同氏のリーダーシップの下で、AWSが目指す成長戦略とは。(2021/5/7)

医療機関のリアルタイムCX【前編】
医療機関にとっての「リアルタイムCX」の意味とは? 実現に向けた3ステップ
「リアルタイムCX」に、さまざまな業界が注目し始めている。医療機関にとって実現は遠い未来になりそうだが「努力に見合った価値がある」と専門家は言う。どのような価値があるのか。実現の方法とは。(2021/5/6)

「RPA」と「AI」の違い【前編】
いまさら聞けない「RPA」の基礎 何ができ、何ができないのか
RPAとAI技術は普及が進む一方で、両者の特性や連携の意義についての理解は進んでいない。両者の違いを理解する前に、まずはRPAの基本事項をおさらいしよう。(2021/4/28)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第3回】
「RPA」が社員や顧客のモチベーションを高める“これだけの理由”
RPAによる業務の自動化は、結果として従業員と顧客の両方に良い心理効果を与える可能性がある。それはどういうことなのか。RPAがもたらすメリットを整理する。(2021/4/27)

B2BにおけるEコマースの革新【後編】
レンタル機器企業のCX向上施策「誰にも会わない産業機器レンタル」の手段とは?
新型コロナウイルス感染症の拡大がビジネスに影を落とす中、企業はさまざまな工夫でCXを向上させ、自社の強みにしようとしている。レンタル機器企業とDXPベンダーが取り組むCX向上策を紹介する。(2021/4/26)

NEWS
マネーツリー、金融機関向けデータ分析ツールを提供開始 顧客の金融行動を可視化
マネーツリーは金融機関向けに顧客の口座数や資産分布などを可視化するデータ分析ツールの提供を開始した。金融状況やトレンドを視覚的に把握し、顧客体験の向上などに生かす。(2021/4/20)

嫌われない「顧客満足度調査」の作り方【第1回】
「顧客満足度調査」はなぜ嫌われるのか それでもなぜやる意味があるのか
顧客満足度調査はさまざまな課題を抱えており、「将来的になくなる」と話す専門家もいる。一方で顧客満足度調査の意味は変わらないとの声もある。どういうことなのか。顧客満足度調査の課題と可能性を再考する。(2021/4/20)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第2回】
いまさら聞けない「RPA」のメリット 「迅速化」と「人の有効活用」の魅力とは
「RPA」による業務の自動化は、ビジネススピードや効率性の向上にどう役立つのか。専門家の話から、その実力を探る。(2021/4/20)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第1回】
いまさら聞けない「RPA」のメリット 「効率向上」「人的ミス低減」の効果は?
調査会社GartnerはRPA市場の大幅成長を予想している。ITリーダーがRPAのメリットを認識し始めたことが、その背景にある。具体的にどのようなメリットがあるのか。(2021/4/14)

B2BにおけるEコマースの革新【前編】
建築資材メーカーはコロナ禍で加速した「Eコマース」にどう救われたのか
新型コロナウイルス感染症によって、B2B企業は新たな販路を開拓せざるを得ない状況に追い込まれた。今、事業継続への鍵になるのが「Eコマース」への移行だ。市場動向と建築資材メーカーの取り組みを紹介する。(2021/4/9)

リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第4回】
“いきなりテレワーク”の新入社員をどうサポートすればよいのか?
テレワーク前提の新人研修では、人事部門は新入社員をどうサポートすればよいのか。取り組みのヒントを紹介する。(2021/4/7)

米国運輸保安庁(TSA)のBI活用術【後編】
空港職員の安全を支えた米国運輸保安庁(TSA)の「BIダッシュボード」の中身
米国運輸保安庁(TSA)はCOVID-19の拡大局面において、手指消毒剤などの個人用保護具(PPE)の供給を管理するためにBIツールを活用している。そのダッシュボードはどのような要素で構成されているのか。(2021/4/6)

ゼロトラストセキュリティが目指すもの【中編】
過剰宣伝に隠れた「ゼロトラストセキュリティ」の“本当の意義”とは?
セキュリティベンダーがこぞって「ゼロトラストセキュリティ」を宣伝する状況には、良い面と悪い面があると専門家は指摘する。それはどういうことなのか。(2021/4/1)

「Wi-Fi 6」への期待と現実【後編】
無線LANは徐々に使われなくなる? 「Wi-Fi 6」の普及に水を差すものとは
「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)が登場したことで、今後も無線LANの利用が広がるかと問われれば、実はそうとは言い切れない。無線LANに影を落とす要因とは。(2021/3/26)

米国運輸保安庁(TSA)のBI活用術【前編】
空港職員にマスクや消毒剤を安定供給 「BI」でやってみたら意外と簡単だった
新型コロナウイルス感染症が拡大する中、企業はマスクや消毒剤などの供給を監視し、従業員の安全を可能な限り確保する必要がある。そのためのシステムを、BIツールを使って構築したのがTSAだ。その取り組みとは。(2021/3/23)

「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第4回】
採用管理システム(ATS)導入に学生獲得――「リモート採用」4つのヒント
従来の採用プロセスに幾つかの新しい方法を追加するだけで、リモート採用がうまくいくと考えるのは間違いだ。人事部門がリモート採用を成功させるための4つのヒントを紹介する。(2021/3/23)

「Wi-Fi 6」への期待と現実【中編】
「Wi-Fi 6」の厄介な問題 “宣伝文句”と現実の無視できない違いとは?
「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)導入によってデータ伝送の高速化などのメリットが期待できる半面、問題になり得るポイントもある。Wi-Fi 6の一見紛らわしい宣伝文句を正しく受け取るためのヒントを紹介する。(2021/3/19)

Amazonトップ交代が「AWS」に与える影響【後編】
AWSのジャシーCEOがAmazonのCEOになる“本当の意味”とは?
AmazonのCEOは2021年中に創業者兼CEOのジェフ・ベゾス氏からアンディ・ジャシー氏に交代する。ジャシー氏はAWSの現CEOだ。AWSの次期CEOは誰になるのか。CEO交代後のAmazonの行方は。(2021/3/18)

「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【後編】
「データリテラシー」の高い社員を育てる鉄則とは? Red Hatに聞いた
データ主導型企業を目指す上で重要なのが、従業員のデータリテラシー向上だ。その実現のためには何をすればよいのか。データリテラシーに関する独自のトレーニングプログラムを始めたRed Hatに聞いた。(2021/3/17)

「自動車アナリティクス」の今【前編】
「自動車アナリティクス」なぜ活況? 不況下の顧客第一主義シフトが契機に
自動車業界にとって、自動車に関するさまざまなデータを分析する「自動車アナリティクス」はこれまでも欠かせないものだった。市場の変化や景気の低迷といった現状によって、その重要性はさらに高まっている。(2021/3/15)

「Wi-Fi 6」への期待と現実【前編】
「Wi-Fi 6」への期待に疑義 無線LANが抜け出せない「半二重」問題とは
「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)は高速なデータ伝送やクライアントデバイスのバッテリー駆動の長時間化などさまざまなメリットをもたらし得る。ただし規格上の理論値を達成することはまずない。それはなぜなのか。(2021/3/11)

クラウドが変える学位と資格の評価【第3回】
IT認定資格で「証明できるスキル」と「証明できないスキル」
ベンダーや資格団体が認定する認定資格を取得することで、自身の持つITスキルの一部を証明することができる。ただし認定資格は万能ではない。(2021/3/9)

「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【前編】
「データリテラシーの高い社員」が「分析ツールを使える社員」よりも貴重な理由
競争力を高めるためにデータ主導型の意思決定を目指す企業は、何をすればよいのか。重要なのは人材育成だが、分析ツールが使える従業員を育てることだけが全てではない。鍵は「データリテラシー」の向上だ。(2021/3/8)

接点がなかった客にも積極的にアプローチ
システム開発会社が“地理的に接点のない客”にもリーチできるようになった理由
「設計、開発、保守をワンストップで提供」を強みに、中小企業との直接取引増を目指したインフォニック。そのためには、これまでとは違った営業が必要だった。新たな営業手法で、従来とは違う見込み客へのリーチに成功した事例を紹介する。(2021/3/5)

経営幹部をうなずかせるCX戦略の伝え方【後編】
「CX」投資の勘所とは 「理由なき投資」「ツールだけ投資」が駄目な理由
CX戦略への投資を考えるとき、推進担当者はどのようなことに気を付ければいいのだろうか。経営者からの投資を得やすくする伝え方と合わせて、CX投資の勘所を紹介する。(2021/2/26)