医療ITに革新をもたらす5G【後編】
医療機関が「5G」を導入するなら検討すべき“あのリスク”とは
医療機関が「5G」を導入する場合は検討すべき「潜在的リスク」がある。それは何か。(2020/6/16)

「Zoom」は信頼できるのか【前編】
Zoomが訴訟に追い込まれた「エンドツーエンド暗号化」の意味とは?
Web会議ツールはテレワークの実施には欠かせない。その一つとしてZoomをさまざまな企業が導入する一方、セキュリティとプライバシーの問題があるとして複数の訴訟を起こされた。その詳細は。(2020/6/13)

「テレワーク移行でのデジタルマーケティングの変化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/6/11)

「Withコロナ、Afterコロナ時代におけるB2Bマーケティング」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/6/11)

新型コロナ禍のデジタルマーケター生き残り術【前編】
マーケターの雇用危機対策 マッチングサイトで急場をしのぐ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響でマーケティング業界も打撃を受けている。予算が削られ、人員削減も始まっている。こうした中、窮地に陥ったマーケターに救いの手を差し伸べる動きが出てきた。(2020/6/9)

AIとRPAの今後【後編】
コロナ禍で「AI」「RPA」による自動化は何を実現するのか
新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)の拡大で経済活動が制限される一方で負荷の増大を余儀なくされている業務もある。課題解決の切り札として期待されるのが「AI」と「RPA」だ。(2020/6/4)

鉱物の埋蔵量の自動測定も
「機械学習」で衛星画像から新鉱床を発見? 鉱山業界で始まったAI活用
これまでAI技術にあまりなじみのなかった鉱山業界で、AI技術の活用が進み始めた。AI技術が鉱山業界に果たす重要性とは。金鉱会社Newmontやデータサイエンス専門企業Kespry、Descartes Labsに話を聞いた。(2020/6/2)

マーケティング課題に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/5/29)

アプリケーションモダナイゼーション【前編】
ミッション:メインフレームのDb2データをSQL Serverに移行せよ
アプリケーションのモダナイゼーションに際しての課題の一つに、旧システムの知識がある。メインフレームで運用していたデータベースを最新のデータウェアハウスに移行するのは困難を伴った。(2020/5/27)

Computer Weekly日本語版
メインフレームのDb2データをSQL Serverに移行せよ
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/5/20)

テレワークがIT部門に与えた影響【中編】
新型コロナ対策のテレワークでITトラブルが急増? IT投資動向にも変化が
テレワークの推進は、企業のIT投資の動向にも影響している。調査結果を基に、企業が直面した具体的な変化を説明する。(2020/5/19)

Oracle JDK 14の新機能やプレビュー版機能を解説
「Java 14」は何が新しいのか? 注目要素をおさらい
Oracleが公開したJava開発・実行環境の最新バージョン「Oracle JDK 14」(「Java 14」)には、どのような新要素があるのか。注目すべき要素を解説する。(2020/5/16)

パーソナライズを実現
三井住友海上は「自動機械学習」(AutoML)で最適なCXをどう実現したか
三井住友海上火災保険はAutoML(自動機械学習)ベンダーdotDataの製品を使用して、パーソナライズしたCX(カスタマーエクスペリエンス:顧客体験)を提供する「MS1 Brain」を構築した。構築の背景を追う。(2020/5/15)

自動コンテンツキュレーションの課題に対処
YouTubeやTwitterは有害コンテンツ排除に「AI」をどう活用しているのか
新型コロナウイルスが労働者を混乱の渦に巻き込んでいる。そんな中、機械学習を使用して有害なコンテンツを自動的に検出、削除する動きがソーシャルメディア企業の間で広がっている。実例を見ていこう。(2020/5/8)

「COVID-19」で変わるデバイス管理【前編】
新型コロナが「私物Apple端末は管理しなくてよい」という“常識”を変える?
新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、テレワークの必要性が一気に高まった。働き方の変化は、デバイス管理の在り方にも影響を与え始めている。(2020/5/1)

「Slack」の存在が影響か
Microsoftが「Teams」へのメール機能の実装に二の足を踏む理由
「Microsoft Teams」にメール機能を追加してほしいという声が集まっている。この案は2018年から「検討中」のままだ。技術的な課題は多くないにもかかわらず、Microsoftがメール機能を実装しない理由は。(2020/4/20)

「文脈ターゲティング広告」を実現するGumGumの舞台裏
広告企業が「クラウドソーシング」で機械学習の教師データを整備 利点と課題は
独自の画像認識テクノロジーを持つ広告関連企業のGumGumは、クラウドソーシングでデータにタグ付け(アノテーション)をするFigure Eightのサービスを利用して、教師データを整備している。そのメリットと課題とは。(2020/4/16)

「電波の自動調整」「セキュリティ」が基本
「止まると仕事ができない」重要なインフラである無線LANを今再検証すべき理由
オフィスの無線LANが止まったら、仕事にならない。無線LANの「重要インフラ化」が進むにつれ、高まるのは運用担当者の責任だ。今こそ、ユーザーエクスペリエンスの維持、セキュリティの確保といった基本に立ち返り、再検証すべきだ。(2020/4/16)

画像認識、自動翻訳他
eBayは「AI」をどう活用しているのか? Eコマースに使えるAI
eBayは自動翻訳や画像認識、写真のクリーンアップなどのAI技術を利用している。ユーザーを引き付けてつなぎ止めるためだ。具体的にどう活用しているのか。(2020/4/9)

Alibaba vs. AWS、MS、Google【前編】
Alibaba Cloudの世界進出は成功するか
今、Alibaba Cloudが世界中に拠点を築いてビジネスを拡大しようとしている。Googleを抜き市場シェア3位となったAlibaba Cloudはこのままシェアを拡大し続けるのか。(2020/4/8)

GANのリスクを超えて【後編】
“偽CEO”の声にだまされ2000万円以上の被害も 「ディープフェイク」の対処法
敵対的生成ネットワーク(GAN)を使って本物を装い、偽造された動画や画像、音声を指す「ディープフェイク」にまつわるリスクにどう向き合えばいいのか。(2020/4/2)

GANのリスクを超えて【前編】
「ディープフェイク」は企業に利益をもたらすか
データの複製に敵対的生成ネットワーク(GAN)を用いることは、人工知能(AI)技術に潜む最大のリスクの1つとされている。だが、企業は有益なコンテンツの作成にディープフェイクを使うことも可能だ。(2020/3/26)

人間とAIごとに得意なサービスのすみ分け
多過ぎる予約電話に苦慮する美容院が語る、AIアシスタント導入で何が変わったか
ある美容院は、受付スタッフが応対し切れなかった電話問い合わせ件数が1カ月当たり約560件に上っていた。電話応対のために人工知能(AI)アシスタントを導入したことで、どのような成果があったのか。(2020/3/23)

デジタルマーケティングを成功に導くために:
オムニチャネル時代の最重要課題「コンテンツ危機」をどう乗り越えるか
あらゆるコミュニケーションチャネルで適切なコンテンツを出し分け、良質なCX(顧客体験)を設計するための戦略が求められている。しかし、言うはやすく行うは難し。マーケティング担当者は目の前の壁をどう乗り越えればいいのか。(2020/3/24)

2020年が“変化の年”である理由
「5G」「Wi-Fi 6」だけではない 知らないとまずいネットワーク5大トレンド
「5G」や「Wi-Fi 6」といった新たな話題が尽きないネットワーク業界。2020年には具体的に、どのようなことが起きるのか。5つのトレンドを紹介しよう。(2020/3/18)

「AI」がマーケティングを進化させる【後編】
「機械学習」がマーケティングの“救世主”とは限らない理由
マーケティング担当者は機械学習がもたらす可能性を無視すべきではない。ただし機械学習があらゆるマーケティング活動にメリットをもたらすわけではないことに注意が必要だ。(2020/3/11)

「AI」がマーケティングを進化させる【前編】
脱マスマーケティングとパーソナライゼーションは「機械学習」が促す
企業は一人一人の消費者に合ったデジタルマーケティング戦略を生み出す必要に迫られている。そこで役立つのが機械学習だ。なぜなのか。(2020/3/5)

AIの企業導入の実際【後編】
AI製品「Salesforce Einstein」&「SAP Leonardo」導入事例
AIの導入事例は珍しくなくなったが、特定製品の実際についての情報はまだ少ない。ここでは「Salesforce Einstein」と「SAP Leonardo」の事例を紹介する。(2020/3/4)

マーケティング課題に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/3/2)

ユーザー行動の原因と結果
機械学習の最新トレンドは“因果推論”
ユーザーはなぜその行動を取ったのか。ユーザーの行動の原因と結果を理解することはビジネスの成功に直結する。機械学習によって因果関係を分析する因果推論が次のトレンドになるだろう。(2020/3/2)

ベンダーに課題を残すモバイルBI【後編】
「モバイルBIアプリ」ならではの強みを生かすとはどういうことか
PC向けBIアプリのユーザーインタフェースをモバイルデバイスに無理に移植しようとしてもうまくいかない。そうであればむしろ、モバイルデバイスならではの新しい体験を作ることを目指すべきだ。(2020/1/31)

選手の安全性向上のためのAI活用
NFLがAWSのAIで構築した「選手のデジタルツイン」とは?
AWSとNFLの新たな提携は、機械学習などのAI(人工知能)技術を利用して、選手のけがのリスクを軽減することを目指している。この提携は、両者が「Next Gen Stats」プログラムで進めてきた協業に基づいている。(2020/1/24)

ベンダーに課題を残すモバイルBI【前編】
“期待外れのモバイルBIアプリ”がなくならないシンプルかつ悩ましい理由
BIベンダーの中には、簡潔な洞察を提供する効果的なモバイルアプリを開発している企業がある。一方でPC向けのダッシュボードをスマートフォンで再現しようと奮闘しているBIベンダーもある。(2020/1/23)

映画の予告編を効率的に短縮
Netflixがカスタマーエクスペリエンス向上に利用する「感情分析」とは
感情分析では言葉で表現されない顧客のフィードバックが入手できる。Netflixは加入者を引き付け、つなぎとめる目的で、この手段を利用した。(2020/1/15)

「壁掛け」できる6Uサイズラック
「NetShelter WX 6U Low-Profile Wall Mount Enclosure」無料モニター募集
ご応募いただいた方の中から抽選で3社さまに、APC by Schneider Electricの超薄型ラック「NetShelter WX 6U Low-Profile Wall Mount Enclosure」を無料提供致します。ご使用いただいた後にご意見・ご感想のインタビューを予定しています。(2020/1/15)

営業・マーケティングの効率化に向けて
「CRM」「CDP」「DMP」の役割の違いを知る
営業・マーケティング用語は、略語だらけで分かりにくい。「CRM」「CDP」「DMP」の違いを理解しよう。(2019/12/27)

機械学習を始めるなら知っておきたいアルゴリズム5選【後編】
機械学習の代表的アルゴリズム「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」とは?
機械学習にはさまざまなアルゴリズムがあることを知っているだろうか。代表的な機械学習アルゴリズム「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」について紹介する。(2019/12/24)

「セキュアコンテナ」で安全性を確保
IEやEdgeのセキュリティ機能「Application Guard」のOffice 365版はどうなる?
Microsoftは「Internet Explorer」「Microsoft Edge」向けに提供しているセキュリティ機能「Microsoft Defender Application Guard」と同様の機能を、「Office 365」向けにも提供する計画だ。その詳細とは。(2019/12/19)

機械学習を始めるなら知っておきたいアルゴリズム5選【前編】
機械学習の代表的アルゴリズム「線形回帰」「決定木」とは?
機械学習にはさまざまなアルゴリズムがある。前後編の前編に当たるこの記事では、数あるアルゴリズムの中でも、代表的な機械学習アルゴリズムの「線形回帰」「決定木」について紹介する。(2019/12/16)

専門家は脆弱性を指摘
TwitterやFacebookがユーザーの電話番号を広告に利用 SMSでの二要素認証に懸念
Twitterは、二要素認証(2FA)用の電話番号を、ユーザーの許諾なしにターゲティング広告に使用していたことを明らかにした。Facebookでも明らかになった電話番号の広告利用。その影響とは。(2019/12/14)

不動産管理会社のERPレポート活用事例【後編】
ERP標準機能ではないレポートツールを買う意味はあるのか Excelで十分?
ERPシステムは標準でレポート機能を搭載する。標準機能で十分と考えるか、それでは不十分だから専用ツールを選ぶかは、ユーザー次第だ。専用ツールには当然、それならではの強みがある。(2019/12/11)

意思決定者としてのAI【後編】
「AI」による意思決定、課題は働き手からの信頼
ビジネスプロセスの意思決定にAI技術を活用することについて、働き手は警戒している。どうすれば信頼を得ることができるか。専門家が解説する。(2019/12/10)

人か、組織か
いまさら聞けない「ワークフロー」と「ビジネスプロセス管理」(BPM)の違い
「ワークフロー」と「ビジネスプロセス管理」(BPM)はよく似ているが、その役割は大きく異なる。ワークフローとBPMの違いを理解し、どちらが自社に必要なのかを見極めよう。(2019/12/6)

データサイロを解体した4社の事例【後編】
データサイロの解体手段にクラウドを選んだ2つの事例
データの整理と分析の課題は、適切な製品/サービスを使うことで解決する場合がある。資産運用会社のAllianceBernsteinとライフスタイルブランドのGoopが選んだ手段は、クラウドだった。(2019/12/5)

ローンスター大学、Merrill、Accentureが挑む「DX」への道【中編】
目論見書印刷会社が本業をやめてSaaSベンダーに転向 その理由と成果
目論見書などの金融資料の印刷を手掛けていたMerrillは、本業をやめてSaaS「DatasideOne」の提供に注力する決断をした。その理由とは何だったのか。事業転換の成果は。(2019/12/5)

意思決定者としてのAI【前編】
小売大手の事例に学ぶ、ビジネスの意思決定を「AI」に委ねるメリット
小売大手のWalmartが、ビジネスプロセスの意思決定にAI(人工知能)技術を利用しようとしている。同社の取り組みを見てみよう。(2019/12/3)

全てオープンソースで提供
「TensorFlow Enterprise」の実力とは? Googleが企業のAI活用を支援
Googleの新しい「TensorFlow Enterprise」(β版)は、「Google Cloud Platform」に最適化された「TensorFlow」ディストリビューションを長期サポートと共に企業に提供する。(2019/11/28)

データサイロを解体した4社の事例【中編】
Dell、EMC、VMwareはデータ統合における「人的問題」をどう解決したのか
2016年に完了した大型買収に伴い、異なる企業の異なるシステムが同居することになったDell Technologies。システム間の連携をスムーズに進める上で鍵となるデータ統合を、同社はどう進めたのか。(2019/11/26)

インテリジェントプロセスオートメーション入門【後編】
次世代RPA「インテリジェントプロセスオートメーション」の3大用途と導入方法
RPAよりも高度な作業を自動化できる「インテリジェントプロセスオートメーション」には、どのような用途があるのか。カスタマーサービスと保険金請求処理、コンプライアンスの3つの用途を説明する。(2019/11/20)

データサイロを解体した4社の事例【前編】
NASAが取り組んだデータの“脱サイロ化” 突破口は「データ仮想化」
サイロ化したデータが企業の効率を妨げている。この課題を克服した4社のIT担当者が解決方法について語った。(2019/11/19)