2019年09月02日 05時00分 公開
特集/連載

有料課金、広告配信、動画生成などゲーム業界のデジタルマーケティングに「AI」はどう活用されているか

ゲームにおける人工知能(AI)技術の活用は、キャラクターやゲーム世界の自動開発以外にも広がっている。ゲーム会社は既存プレイヤーと新規プレイヤーを対象とするマーケティングにもAI技術を活用している。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


画像 《クリックで拡大》

 ビデオゲームは何十年も前から人工知能(AI)技術のテストプラットフォームの役割を果たしている。研究者はAIシステムの能力を試すため、次々と難しいゲームで人間と対戦させ、人間を打ち負かしてきた。

 IBMのスーパーコンピュータ「Deep Blue」が1997年にチェスの世界チャンピオンに勝ったのを皮切りに、この20年でAI技術はゲームの世界で進歩を続けてきた。「Quake III Arena」や「リーグ・オブ・レジェンド」などのゲームを制し、最近ではポーカーでも勝利を上げている。

 ビデオゲーム業界は、AIシステムのテスト環境の役割を果たすだけでなく、デジタルマーケティングやゲーム内開発にAI技術を活用し始めた。ゲームのデベロッパーやパブリッシャーは、AI技術を不正の排除や売り上げ向上、開発期間短縮に加え、キャラクターやゲーム世界、楽曲の制作に役立てている。

AIを活用したデジタルマーケティング

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。

news068.jpg

SaaS化が加速するコンタクトセンター/コンタクトセンターの現在―矢野経済研究所調べ
国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場について...

news045.jpg

ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。