ソーシャルメディアに使われるAI技術 マーケティングから密猟防止までFacebook、Twitter、LinkedInでも活用

企業はソーシャルメディアマーケティングにAI技術を利用することで、マーケティングオートメーションを進めている。ソーシャルメディアとAI技術を組み合わせた、意外な分野のユースケースも登場し始めた。

2018年11月13日 05時00分 公開
[Ronald SchmelzerTechTarget]

関連キーワード

Twitter | Facebook | 機械学習 | マーケティング | SNS


 このところ、ソーシャルメディアやAI(人工知能)技術のニュースがメディアをにぎわせている。TwitterとFacebookの経営幹部が米国連邦議会の招請に応じて、botや悪意あるエンドユーザーが与える自社のネットワークへの影響について証言した。カリフォルニア州議会は最近、botによるテレマーケティングや選挙関連の電話の発信を禁止する法案を可決した。人々は、botのソーシャルメディアネットワークへの浸透とネットワークの悪用をますます懸念し、困惑するようになっている。

 これほど過激ではないものの、機械学習をはじめとするAI技術はさまざまな方法で、既にソーシャルメディアに適用されている。そうした仕組みの多くは有用であり、エンドユーザー、顧客、技術パートナーにとってのソーシャルメディアの価値を高めている。

AIによるコンテンツの最適化とモデレーション

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。