2018年11月13日 05時00分 公開
特集/連載

ソーシャルメディアに使われるAI技術 マーケティングから密猟防止までFacebook、Twitter、LinkedInでも活用

企業はソーシャルメディアマーケティングにAI技術を利用することで、マーケティングオートメーションを進めている。ソーシャルメディアとAI技術を組み合わせた、意外な分野のユースケースも登場し始めた。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]

関連キーワード

Twitter | Facebook | 機械学習 | マーケティング | SNS


 このところ、ソーシャルメディアやAI(人工知能)技術のニュースがメディアをにぎわせている。TwitterとFacebookの経営幹部が米国連邦議会の招請に応じて、botや悪意あるエンドユーザーが与える自社のネットワークへの影響について証言した。カリフォルニア州議会は最近、botによるテレマーケティングや選挙関連の電話の発信を禁止する法案を可決した。人々は、botのソーシャルメディアネットワークへの浸透とネットワークの悪用をますます懸念し、困惑するようになっている。

 これほど過激ではないものの、機械学習をはじめとするAI技術はさまざまな方法で、既にソーシャルメディアに適用されている。そうした仕組みの多くは有用であり、エンドユーザー、顧客、技術パートナーにとってのソーシャルメディアの価値を高めている。

AIによるコンテンツの最適化とモデレーション

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...