「CDP」(顧客データプラットフォーム)活況の謎 “あのベンダー”もM&A参戦デジタルマーケティングにとどまらない「CDP」の可能性【前編】

M&Aや資金調達が活発化するなど、大きく動いている「CDP」(顧客データプラットフォーム)市場。何が起きているのか。これまでの動きを振り返る。

2022年07月06日 08時15分 公開
[Don FluckingerTechTarget]

関連キーワード

CRM | データ | データ分析


 「CDP」(顧客データプラットフォーム)は、2022年にマーケターが注目すべき技術のトップ項目に残ると考えられる。CDPベンダーのM&A(買収・合併)や資金調達が活発化していることが、その証左だ。このことは何を示唆しているのか。

活性化する「CDP」市場 “あのベンダー”もM&Aに参戦

 CDPに関するベンダー中立の研究機関であるCDP Instituteによると、2020年は雇用の伸びが停滞する中、CDPベンダーにとっては激動の年だった。この間、一部の中堅CDPベンダーは成長の天井に達し、事業を拡大できそうなベンダーによって買収されることを模索した。実際、それらのCDPベンダーの一部は、Twilio、SAP、Upland Software、Sitecore、Optimizelyといったベンダーに買収された。2022年1月には、投資会社Vista Equity Partners ManagementがCDPベンダーBlueConicの株式の過半数を取得している。

 2021年はCDPの買収が一段落し、新興企業による参入もほとんどなかった。だがCDP Instituteが2022年1月に発表した調査結果では、既存CDPベンダーの従業員数の6カ月成長率は、2021年12月時点で11%を記録した。

 通常、新規ベンダーの参入によって業界は拡大する。従業員の増加によって、新規参入がなくてもCDP業界は拡大した。またAmperity、mParticle、Totango、Treasure DataのCDPベンダー4社が1億ドルを超える資金調達を報告した。この規模の資金調達が集中するのは極めてまれだ。

 2020年以降、BlueConicの例を除いてCDPのM&Aは比較的静かだった。一方でCDP Instituteの創設者であるデビッド・ラーブ氏は、こうした比較的大規模な資金調達が「今後さらにCDP業界に資金が集まる前触れだ」と考えている。

 これまであまり進んでこなかったCDPベンダーのM&Aは「今後加速しそうだ」とラーブ氏は言う。CDP業界には市場をリードするベンダーは複数あるものの、「それらが抜きんでていたわけではない」と同氏は指摘。こうしたCDPベンダーは資金調達を進め、「生き残り」に向けて準備を進め、他社を引き離そうとしているという。「どのような結果になるかは、見てのお楽しみだ」(同氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...